ワールドクラスのピノとシャルドネを造りたい、フリー・ストーン

“ワールドクラスのピノ・ノワールとシャルドネを造りたい。” ジョー・フェルプスは長い間、理想の土地を探し続け、ついに冷涼な気候とゴールデンリッジという土壌をもつフリースートン地区へとたどり着きました。
1999年にフェルプス家とマネージメント・チ-ムが、ソノマコーストの小さな町、フリーストーンの近くに約100エーカーの土地を購入したことが、このワイナリーの始まりです。フリーストーン、クォーター・ムーン、ファーガソンの3つの異なる区画に20エーカーのシャルドネ、80エーカーのピノ・ノワールを植えました。
2005年の秋には新しいワイナリーの建設に着手しましたが、記録的な豪雨に見舞われ、何とか2007年の収穫には間に合うように完成しました。それぞれのワインはそのテロワールの個性を反映しています。
土壌、気候、標高、畑の向き、斜面の角度、さらに台木やクローンのセレクションが組み合わさり、これらの個性がワインに表れているのです。畑の標高は200メートルから500メートルの間です。土壌は“ゴールドリッジ”呼ばれる、昔海底であった砂のローム層で、非常に水はけがよく、ブドウの根が栄養を求めて深く伸びることができます。従って、いくつかの畑の区画では灌漑を行っていません。ブドウの樹の樹齢が高くなれば、将来的に全ての畑での灌漑をなくしたいと思っています。海からの冷たい空気によって、朝は霧が低くたち込め、午後太陽とともに暖かくなります。これがブドウの長い成長期間を作り出します。
涼しく湿気の多い気候において、ブドウの世話には繊細な管理が必要となります。フリーストーンの自然環境を守るために、畑ではオーガニックとバイオダイナミックスの農法を取り入れています。それにより、自然本来の畑の環境を保護し、さらには高める効果があります。