シャンパーニュを代表するビオディナミストであるブノワ・ライエの愛弟子、ガストン・コラール

ブノワ・ライエの愛弟子、シリル・コラールの作品。
1937年よりブジー村にてぶどう栽培を営んできたコラール家は、1982年にRMを設立して現在の業容となりました。所有する1.75ヘクタールの畑は、すべてブジー・グランクリュです。
将来メゾンを継承することを前提に、「料理とのマリアージュについて実践的に学ぶため」ソムリエとして4年間レストランに勤務した5代目シリル・コラールは、「数多くのワインを試飲して、ビオディナミによって造られたワインがいかに美味しいかということがよくわかった」ため、同じブジー村の大先輩ヴィニュロンにしてシャンパーニュを代表するビオディナミストのひとりである、ブノワ・ライエに弟子入りすることを決意しました
「ビオディナミを実践するためには、妥協を排して完璧主義を貫く強い精神力と、常に変わりゆく自然を相手にする高度な栽培技術が必要で、その両方を師より叩き込まれました」。
3年間の修業を終えたシリルは、2012年、満を持してメゾンを継承。鍛え上げられた心技をもって即座にビオロジー栽培への転換を完了させ、2年後の2014年、ビオディナミを開始しました。
「ビオディナミで造られたシャンパンには、お花畑にいるようにさえ感じられる百花繚乱のアロマや、シルクのように柔らかな口当たり、とても長い余韻などの特徴があります。