200年以上にも及ぶ伝統が生み出すワイン、ゲブリューダー・シュテッフェン

トリッテンハイム村で200年以上の歴史を誇る、家族経営のワイナリー。
1945年、ヨハン&ピーター・シュテッフェン兄弟によりワインビジネスが拡大し、今日のシュテッフェンの礎を築きました。彼らの改革は、更に高い品質を目指すこと、コストパフォーマンスを追求することでした。伝統に支えられたワイン造りで、今日世界で良質なワインをうみ出す家族経営の醸造所として認知されています。