品格と優雅さを備えたシャンボール・ミュジニー屈指の女性醸造家、ジスレーヌ・バルト

このドメーヌは、現当主ジスレイヌ・バルト女史の祖父にあたるマルセル・ノエラ氏が、1925年に設立。 1950年にノエラ氏の娘、マドレーヌ・エレーナ女史(ジスレイヌ女史の母)とガストン・バルト氏(同父)が結婚して、ドメーヌはより発展します。ジスレイヌ女史は、ディジョン大学でツーリズムを勉強し、1980年に親許に戻りました。そしてボーヌの農業学校で栽培・醸造を学んだ後、1986年から父ガストン氏の許でワイン造りを始めました。1999年からは完全に自身一人で栽培・醸造を行っています。

畑は、6.5ha。完熟した葡萄は収量を抑えて厳選して収穫され、これ以上ないと思われる程、整理整頓され清潔な醸造所・セラーでゆっくり丁寧に醗酵されます。樽熟は、新樽20~35%で、樽熟後すぐに澱引きをして大きな澱を取り除き、再度澱を戻して16~20ヶ月間熟成させます。最適な濃縮感、しっかりした骨格、パーフェクトなバランスのボディのあるワイン。フランス各地の3つ星レストランで取り扱われているシャンボール村屈指のドメーヌです。