ベルナール・デュガ・ピュイとクロード・デュガの従兄、アンベール・フレール

ブルゴーニュを代表する一族、デュガ家。共通の哲学を持ちながら個性的なワインを造る彼等。あまりに小さいのでブルゴーニュ以外では知られていないデュガ一族が「アンベール・フレール」。当主は4代目の「エマニュエル」と「フレデリック」。

『母親はデュガ家の出身。ベルナール・デュガ・ピュイとクロード・デュガは従兄にあたる』

所有畑が7haと小さく、そのほとんどがフランス国内での販売なので日本では無名の造り手。 母親の結婚もあってデュガの名がエチケットから消えたこともあって、従兄達ほどに知られてはいないが、隠れた第3のデュガとしてフランス国内のソムリエから絶大な人気となっている。ジュヴレ村の裏手に続くラヴォー渓谷沿いにドメーヌを構え、「シャルム・シャンベルタン」や1級畑「クレピヨ」等、デュガ家と共通の優良畑を所有している。

『ワインのスタイルはデュガ家と似ているかもしれないが、畑の位置の関係上、よりエレガントでなめらかな味わいになっていると思う』

フィリップ・シャルロパンやドゥニ・モルテとも交流が深く、彼等と共に日々品質の向上を目指している。

1989年にドメーヌを引き継いだ「エマニュエル」と「フレデリック」が取り組むのは、徹底した収量制限と有機農法による自然な栽培。 除草剤や化学肥料は一切使用せずに梳き入れを行う事で畑の状態を健全に保っている。

『僕等の最も重要なポイントは摘芯・摘果を通じて厳格な収量制限を行っていること』

葡萄は極限まで収量を落とし、粒も小さく水分量が少ない。ピノ・ファンのような小粒な葡萄が彼等の大きな特徴。醸造面では3~6日間の低温浸漬。過度なタンニンの抽出を避ける為に葡萄をなるべく動かさずに発酵。抽出期間は短め。その年の果皮の硬さによって決定する。基本的にはピジャージュは行わずに、できるだけ長く発酵期間をとる。清澄や濾過は行わず、月の満ち欠けにより、状態が安定したタイミングでボトリング。

『収量を抑えて葡萄の状態が良ければ抽出を強くする必要はない。質の高いタンニンを少しと酸があればワインはバランスする』

La Revue du Vins de France での評価も高い。

『凄いジュヴレ・シャンベルタンと出会った。荒削りだったワインは年々進化している。今ではバランスが良く、調和に富んだワインになった』

大柄で太った「エマニュエル」と「フレデリック」兄弟。 醸造所もボトルや工具が散らばり乱雑。でも、ワインは外見とは正反対の綺麗な調和の中にある。ここ数年、フランスのジャーナリストの間でも「アンベール・フレール」の評価は高く、ジュヴレ・シャンベルタンの偉大な生産者の仲間入りをしたと言われる。2015 年のベタンヌ・ドゥソーヴでは「ジョルジュ・ルーミ エ」や「ドゥニ・モルテ」と同評価の4ッ星を獲得。

『最高評価の5ッ星はD.R.C等、6軒だけ。その次の評価である4ッ星を獲得できた。デュガ家で一番のワインを造っているつもりだ』