カリフォルニアワインでアメリカンドリームを体現した男、J.ロアー

1960年代の後半、ジェリー・ロアー氏はカリファルア全土の葡萄産地の調査を行いました。結果、モントレー郡はアロヨ・セコA.V.A.に、1972年から1973年にかけて280エーカーもの規模に渡って植樹を行いました。1974年にワイナリーが完成し、ここにJ.ロアーの歴史がスタート。1988年にはパソ・ロブレスに2,000エーカーを越える土地を買い増し、現在彼らの所有する畑は3,000エーカーにも及ぶ巨大ワイナリーに成長。これらがジェリー・ロアー氏一代のうちに行われ、現代のアメリカン・ドリームを成した造り手の1つとして知られています。