大御所ドメーヌ・ダニエル・リオンの系譜を継ぐドメーヌ、ジャン・シャルル・リオン

プレモー・プリセ村に拠を構える大御所ドメーヌ・ダニエル・リオンを2001年から兄とともに運営しているオリヴィエ・リオンは、1995年、自身の所有する畑に奥さん方の畑を統合してドメーヌ・オリヴィエ・エ・アンヌ・マリー・リオンを設立し、ダニエル・リオンとは別に、自身のワインを造り続けていました

オリヴィエとアンヌ・マリーの一粒種であるジャン・シャルルは、ボーヌの醸造学校及びディジョン大学で栽培学・醸造学を修めた後、ダニエル・リオンでの3年間の修業を経て、2010年、父母のドメーヌを正式に継承ここに、ドメーヌ・ジャン・シャルル・リオンが誕生しました。事実上のファーストヴィンテージも2010年です。

「とにかく畑に出るようにしています。畑仕事、そしてワイン造りは、正直者が報われる世界です」と、静かに、真っ直ぐに目を見て話すジャン・シャルル。“類友”なのでしょう、親友のニコラ・グロフィエと日々情報交換をしながら、ブルゴーニュのフィネスとエレガンスを真摯に究めようとしています。
看板作品は、シャンボール。そして、樹齢60~80年のサヴィニーVV、ピノ・ブランが95%のニュイ・サン・ジョルジュ1級の白といった多様性に富むラインナップも、彼の挑戦にふさわしいと思います。