コシュ・デュリの甥にあたり、次世代ムルソーの牽引者、ジャン・フィリップ・フィシェ

かのコシュ・デュリーの甥にあたり、コシュ・デュリー同様ムルソーに本拠を置く次世代ムルソーの牽引者。ワイン造りの歴史は祖父の代よりスタート。分益耕作でドメーヌの基となるワイナリーを設立。造ったワインをネゴシアンへ売却する父と意見を相違し、自身でドメーヌを興したフィシェ氏だが、造りは父より教わった伝統的なスタイルを継承する。畑はボワイヨ家との分益耕作を父より引継ぎ、その後分益耕作を順調に追加していくが、91年には殆どの契約が切れてしまう。しかし氏の情熱は衰えず、92年にはモンテリーやムルソーに2haの畑を入手。その後着実に畑を獲得し、父の引退と共にピュリニー、ムルソー、ACブルゴーニュの区画も得た。81年に21歳の若さで独立したフィシェ氏だが、現在では新しい醸造所も造り、更なる品質向上に努める。シュール・リー状態で長期間熟成させ、厚みのある酒質にミネラルや酸が綺麗に出るスタイル。ムルソーのテロワールをきっちりと表現したスタイルを身上とする。