ブルゴーニュの昔と今を生きる生産者、ジュール・ベラン

ジュール・ベランは1817年、プルモー・プリセに設立。代々ベラン家によって運営されきましたが、跡継ぎがなかったことから、1985年以降ルイ・マックス社の傘下となりました。 新たな経営が始まり設備投資を経て、伝統的技法を持つ職人的要素の良さを残しながら、近代的なワイナリーへと変身を遂げました。ジュール・ベラン=「昔と今を生きる生産者」です。