伝説的なワインになる可能性を持っていると評価される、カレスキー

サウス・オーストラリア州のバロッサ・ヴァレー、グリーノックの村で、1853年から160年以上、6代に渡りブドウ栽培を続けてきたカレスキー家。7代目のトニー&トロイ兄弟により2002年に設立されたワイナリーです。

醸造責任者を務めるトロイ・カレスキーは、アデレード大学のワイン醸造学科在籍時に、既に奨学生として幅広い現場経験を積んでいました。⼤学を卒業後、様々なワイナリーで修⾏し、カリフォルニアのケンダル・ジャクソンで醸造家としてヴィンテージにも参加しています。

120エーカーの自社畑は標高300~350mのバロッサでも高いところに位置し、30以上の区画を所有しています。年間の降雨量は500mmと乾燥しており、加えて高い標高による冷涼な気候、肥料を使用しない自然に任せた栽培で、ブドウの樹の背丈は低く粒の小さい凝縮されたブドウが育ちます。収量は自然に抑えられ、1エーカーあたり0.5~2トンのみです。
畑はトロイ&トニーの父ジョンと母ロレーヌと兄弟のキムによって管理されており、7世代に渡り、農薬や肥料を使用しない自然に任せた栽培を行ってきました。ブドウ樹の樹齢は平均50年。最も古いもので樹齢143年の古木が今でも存在しています。
1998年に畑、ワイナリー共にオーガニックの認証を取得。2008年にはビオディナミの認証も取得し、完全オーガニック認証のカレスキーの畑から、ブドウが持つポテンシャルを伸ばすため、なるべく手をかけない伝統的な醸造方法で、パワフルでありながらも、のびやかな後味を持つ個性豊かなワインが造られています。

カレスキー・ワインはリリース以降、その豊かな個性と品質の⾼さから数々の賞賛を受けています。ワイン・アドヴォゲイト誌にてロバート・パーカーは『ヨハン・ゲオーグシラーズ』に対して97-100ポイントという高得点をつけ、伝説的なワインになる可能性を持っていると評価しました。また、オーストラリアの著名なワイン評論家ジェームズ・ハリデーも97ポイントという高得点を同ワインにつけています。

トロイ・カレスキー自身も、バロッサ・ヴァレーの生産者団体であるバロンズ・オブ・バロッサから「最優秀醸造家」として表彰されており、またトロイの父でもあるジョン・カレスキーも同団体により2015年に「最優秀ヴィニュロン」として表彰されています。