代々ボランジェに従事し、その極意を知る名手、マチュー・プランセ

数百軒のシャンパーニュRMを訪問した上で確信をもって言えることは、「プルミエ・クリュ」(格付け90~99%)の41の村々には、とりわけ秀逸な造り手たちがひしめいているということです。また、当たり外れが大きいグラン・クリュと比較して、プルミエ・クリュの造り手たちの作品は総じてレベルが高いという特徴もあります。
彼らは皆口々に、「グラン・クリュの生産者には負けない、負けていない」と言いますが、その反骨精神こそが、かように美味しいシャンパンを造る原動力でありましょう。
「マチュー・プランセ」は、「マルイユ・シュル・アイ」の東隣村、格付け95%の「ビスイユ」出身のミッシェル・マチューと、「アヴィーズ」の西隣村で同じく格付け95%の「グローヴ」出身のフランソワーズ・プランセの結婚によって1969年に誕生したRMです。
この2つの村の畑はいずれもブラン・ド・ブランにとって最高の土壌たる白亜(石灰)質土壌ですが、アイ周辺の前者の畑と、コート・デ・ブランの後者の畑ではテロワールがかなり異なり、「2大白亜質産地」として双方が最上と目されています。
ご紹介する作品「ブラン・ド・シャルドネ」は、この2つの産地のシャルドネをグローヴ産70%、ビスイユ産30%の比率でブレンドしたブラン・ド・ブランで、2大白亜質のシャルドネの醍醐味を1本で深く堪能できる、同RMの看板作品です。また、「日曜日の午後4時に飲んでほしい」という「ロゼ」は、グローブ産のシャルドネと、ビスイユ産のピノ・ノワールのアサンブラージュによる傑作です。
造り手のミッシェル・マチューは、結婚して独立するまでの3年間、「ボランジェ」で働いていました。(彼のおじいさんもお父さんも生涯ボランジェで栽培に従事しました。特にお父さんのオディール・マチューは、当時のボランジェの栽培長としてつとに有名です)。
「ボランジェから学んだ極意は、長期ビン熟成させてから販売することに尽きます。香り、味わい、泡のきめ細かさ、余韻の長さ等々、まったく別物になります」(ミッシェル・マチュー)。
ご紹介する作品は、いずれも瓶詰め後3年半~5年間程度寝かせてからはじめて、市場にリリースされています。