イタリアワインの新しいクオリティーの探求、MGM・モンド・デル・ヴィーノ

MGM社は1991年エミリア・ロマーニャのフォルリで、イタリア人(M. Martini) 、イギリス人(G. Gabb)、ドイツ人(M. Mack)の3人の醸造家によって創立。現在フォルリに経営本部、ピエモンテのプリオッカに最先端の醸造設備を持ち、数十年でトップイタリアワイン輸出メーカー15社のうちのひとつに成長しました。
MGM社の理念は「イタリアワインの新しいクオリティーの探求」。イタリアの8つの州に葡萄畑を持ち、各地域の土地と葡萄が持つ豊かな個性を生かした栽培を行っています。ワインは最先端の醸造設備で徹底した品質管理の下で造られます。設備内の研究所では、化学・微生物の各研究者が醸造から瓶詰めまで細かく品質のチェックを行います。その品質管理の高さはISO(国際標準化機構)のISO22000やISO9000の認証が証明しています。
MGM社は現在、年に2,500万本のボトルと450万個のワインボックス(3L)を生産し、40ヶ国以上の国に輸出しています。その品質の高さは世界中の国際コンクールでも高い評価を得ており、今後も注目のワインメーカーです。
ソプラサッソはヴェネト州で古代ローマより伝わる「アパッシメント」で造られたワイン。アパッシメントとは、収穫した葡萄を陰干しすることにより、エキスを濃縮させること。代表的なイタリアワインには「アマローネ」や「レチョート」があります。