ミシェルからフレデリックへと受け継がれたの生真面目なワイン造り、ミシェル・マニャン

協同組合に下ろしていた父ベルナールのもとで働いていたミッシェルは、1967年に独立し、その後、シャンボール1er cruの畑を購入したの を機に、1991年までの間に10以上のAOCを取得しました。また、父が所有している4ha を、彼の引退時の1988年にミッシェルにフェルマー ジュとして賃貸契約を結びました。ブドウ栽培者五代目としてフレデリック・マニャンはモレに生まれ、モレで育ち、小さいころから畑で育ち、 モレサンドニを知り尽くした男が、井の中の蛙から飛び出し、外からブルゴーニュを見ることにより更なるブルゴーニュの発展に貢献すべく フランスを飛び出し経験を積みました。 ミシェルは言います。修行から戻ってきたフレデリックはまったく違ったビジョンを持ちとても頼もしく見えたのであっさりDomaineの醸造を任 せました。1993年からの17年の間素晴らしい進歩を遂げ、選果台の導入や除草剤の廃止、近年では有機栽培に力を入れ、葡萄にかけ る情熱と経験、感性から作られるエレガントで力強いワインは、世界のメディアから注目され賞賛されています。フレデリックにはとても満足 しています。ただ私の趣味は畑仕事でこればかりはまだまだ私が続けたい ! と今日もトラクターにまたがり畑へと向かっていきます。