ジャック・セロスによる革新的なシャンパーニュ造りに影響を受け、注目を集める新星RM、ミニエール

1919年、アルフレッド・ミニエールがシャンパーニュ地方最北端のエルモンヴィル村に設立。4代目となるフレデリックとロドルフ兄弟が継承するまでは、ネゴシアンにワインを売却していました。
フレデリック・ミニエールはアヴィズの醸造学校で学んだ後、ジャック・セロスで修行。セロスによる革新的なシャンパーニュ造りに影響を受け、弟のロドルフと共にドメーヌ元詰めを決断。約10年に及ぶ努力の末、2015年に初めて自身のシャンパーニュを世に送り出しました。
デビューから間もない小規模の造り手でありながら、すでにニューヨーク最高の三ツ星”イレヴン・マディソン・パーク”やカルトワインの帝王ハーラン・エステートのオーナーが所有するナパの三ツ星レストラン”メドウッド”など最高峰グランメゾンで一流シャンパーニュと肩を並べてオンリストされています。

《芸術的シャンパーニュを生み出す栽培&醸造工程》
ドメーヌの栽培面積は8ha。サスティナブル農法を採用し、大部分の畑が理想的に日照を受けるエルモンヴィルの丘陵に位置しています。
1960年代~1970年代初めに植樹された古樹が主体。ピノ・ノワール、シャルドネ、ムニエ全てにおいて接ぎ木をしていないヴィエイユ・ヴィーニュがあります。その僅かな収穫ブドウは、将来リリースする傑出したキュヴェに使用する予定です。
セロスと同様、樽発酵と樽熟成による醸造、マロラクティック発酵は行いません。樽内でアルコール発酵が終了後、引き続きシュール・リー状態で定期的にバトナージュを実施。8ヶ月間、樽での熟成を経て瓶内二次発酵へと移行します。
ノン・ヴィンテージでも最低5~6年、ミレジメに至っては最低10年以上の長きに亘る瓶内熟成をしています。 飲み頃を迎えてからのリリースを徹底。 贅沢なまでに熟成に時間をかけて、ワインの魅力を最大限に引き出した芸術的な作品を消費者に届けています。