跡取りがいないため、2009年に全所有畑を売却したドメーヌ、モワンヌ・ユドロ

シャンボール・ミュジニィ村に本拠地を構える、由緒あるドメーヌです。シャンボールの村長も務めていた当主のダニエルは、ボンヌ・マール、ミュジニーのグラン・クリュの他に、プルミエ・クリュは、レ・ザムルーズ、シャルム、フスロットなど、ほぼ全ての優良畑を所有していました。

しかし、跡取りがいないため、2009年に全ての畑を売却したことで、大変な話題となりました。なんと、畑を買い取ったのはルロワ、ドルーアン・ラローズ、 ヴォルネーの名門、プス・ドールといった、そうそうたる面々でした。