全米初のカーボン・ニュートラル認定ワイナリー、パラドゥッチ・ワイン・セラーズ

1921年にイタリア系移民のパラドゥッチがブドウ畑を購入して礎を築いたパラドウッチ・ワイン・セラーズは現在はメンドシーノ・ワイン・カンパニーが展開する10ブランドの内の一つです醸造設備はメンドシーノ郡最古の醸造所で、2003年にはCCOFでオーガニック醸造所として認定されました。 メンドシーノ・ワイン・カンパニーは栽培農家のドラン家とソーンヒル家で2004年に創業しました。 社会貢献を目ざし、環境に配慮した農法を選択しています。 パラドゥッチは同社のボリューム・ゾーンを担いますが、ブレンドワイン全盛の40年代に郡で初めてバライタル・ワインを出すなど、コスト・パフォーマンスの高いワインを実現しています。現在はソーンヒル家が経営し、社長に元コッポラ副社長のゲイリー・グラスを迎えています。