シャンパーニュ最高品質のピノ・ノワール産地、特級ヴェルズネイ村のシャンパン、ペユ・シモネ

著名なシャンパンハウスの誰もが最上のプレステージ・シャンパーニュのブレンドに欠かせないという最高峰のグラン・クリュの一つである、ヴェルズネイ村に4代続くペユ家。10年来そのヴェルズネイ村の栽培組合会長を務める現当主ダヴィッド・ペユは、2000年よりドメーヌを受け継ぎ、ヴェルズネイを筆頭としたモンターニュ・ド・ランス北側のグラン・クリュ畑の卓越したテロワールから、緻密で気高く、スケールの大きい、ピノ・ノワールの特徴を余すことなく表現しています。

所有する畑9haの内、6ha分を元詰め用としており、自ら手掛けるワインには、全て特級畑のブドウを使用しています

近年、一層環境に配慮したワイン造りを行っており、その哲学の延長として、2008年よりマイィ・シャンパーニュの畑1haにてビオロジック栽培を開始しています。醸造は細かい区画毎に行っており、発酵・熟成にはステンレスタンクと小樽(全体の15~20%)を併用しています。ワインに土地固有の果実本来の味わいとミネラルを残し、フィネスを与えるという考えのもと、全てのキュヴェにおいてマロラクティック発酵は一切行っていません