人柄もワインも丸っこく人懐っこいドメーヌ、フィリップ・ガヴィネ

フィリップ・ガヴィネは1961年、4代続くぶどう農家に生まれました。「何故ワインを造ろうと思いましたか?」と尋ねると「気が付い たらワイン学校にいた」とおどけるフィリップさん。27歳の1988年に一念発起し元詰めを開始、ドメーヌを創業しました。 明るくて朗らかなフィリップさんは、仲間と美味しい料理を食べ、美味しいワインを飲むのが大好き。体型にもそれが表れていま す。まさに「食べること、飲むことが好きな人のためのワイン」を造っており、ギド・アシェット、ゴー・ミヨ等のワインガイドの常連でも あり、高い評価を受けています。 曾祖父はDRCの社員で(しかもDRCの教会で生まれたそうです)栽培担当、祖父はオスピス・ド・ニュイのディレクターをしてい たという、ニュイ・サン・ジョルジュの歴史ある家系に生まれたフィリップさんは、「とにかくワインを飲むように」と教えられたと言い ます。だからでしょうか、今でも友人達と集まると1人当たり8本ものワインを飲むそうです。確かに彼のワインはバランス良く 飲み飽きない。「生産者は自分に似たワインを造る」というフィリップさん。しかし彼のワインは彼に似ずにエレガントです。ただ、その明るく人懐っこい印象なところは良く似ています。 息子さんもドメーヌを手伝い始め、ますます元気に畑に出ています。

【栽培・醸造】
本拠地ニュイ・サン・ジョルジュを中心に12AOCの区画を所有しています。所有面積は約11haで、平均樹齢は37年。栽培方法は厳格なリュットレゾネ。 除梗は100%(白は除梗していません)。 新樽率は平均25%(上級キュヴェは33%)。熟成はアリエ、トロンセ産の樽、アリゴテとロゼはステンレスタンク、 ブルゴーニュ・ブランは木樽とステンレスタンク半分ずつ。樽熟成期間は12~16か月。