アヴィーズ村に在るわずか0.07hの伝説的単一畑を所有するRM、ピエール・カロ

コート・デ・ブラン Cote des Blancsのアヴィーズ Avize村に本拠を構えるピエール・カロ Pierre CALLOTは,ボランジェにブドウを提供している知る人ぞ知るレコルタン。アヴィーズ,クラマン Cramant,シュイイ Chouilly,グローヴ Grauvesの4つの村に合計7.25ヘクタールの畑を所有しているが,そのうちの2.25ヘクタールで栽培するブドウはすべてボランジェが購入している。また,ボランジェがアヴィーズ村に所有する0.6ヘクタールの区画の栽培も小作契約で任されているレコルタンでもある。つまり,カロの造るブドウはボランジェも惚れ込むほど,極めてクオリティの高いもの。しかし,カロは自身のドメーヌ・シャンパーニュでも高い評価を得ている。『アシェット』には毎年掲載される常連でもあるし,『クラスマン(現メイユール・ヴァン・ド・フランス』)においては,「クリュッグ・スタイルの熟成に値するシャンパーニュ!」とまでコメントされているほどだ。また,その卓越した技術から,同村のジャック・セロスとはなにかにつけ比較されることが多い。コート・デ・ブランのシャルドネを主体に,安定感抜群でフィネスとエレガントさを兼ね備えたカロのシャンパーニュは,年間4万本前後しか造られないこともあり,毎年フランス国内の昔からの顧客を中心に直販され,国外に輸出されるのはごくわずか。1996年からドメーヌの当主を務めるティエリー・カロ Thierry Callotと直接交渉。ドメーヌのフラッグシップとなるアヴィーズ村に存在するわずか0.07ヘクタールの伝説的単一畑“クロ・ジャカン Clos Jacquin”から造られるオーク熟成の最高級シャンパーニュを始めとするドメーヌの一連のシャンパーニュのすべてを買い付けることに成功いたしました。ドメーヌで栽培するブドウの1/3をボランジェに提供し,ボランジェの所有畑の栽培も行うアヴィーズ村屈指の新世代RMが手がけるプライヴェート・シャンパーニュです。

【歴史】
カロ家の祖先,ルイ・カロ Louis CALLOTがアヴィーズに定住したのは1780年頃のこと。そして,その息子がアヴィーズ村に最初のブドウ畑を購入,畑は代々家族で受け継がれてきた。その後,1860年に生まれたオーギュスト=ルイ August-Louisがドメーヌで初めて醸造を行う一方,メゾン・ロデレールの醸造も手掛けていたという。
1971年,カロ家はメゾン・エイドシックがアヴィーズ村に所有していた畑と醸造所,セラーを買い取り,ネゴシアンに提供するブドウの圧搾を開始した。1985年にドメーヌ・ピエール・カロを設立し,元詰めシャンパーニュの醸造に着手した。1987年には,醸造学の免状を取得後,ボルドーやシャンパーニュのテタンジェ,ヴランケンなどで働いていたティエリー Thierryがドメーヌに参画し,1996年にドメーヌの当主に就任した。
現在,ドメーヌは7.25ヘクタールの畑を所有。栽培は環境に配慮したリュット・レゾネを実践しており,土も耕耘している。その他,年間を通じて行われる畑での作業のすべてが手作業で行われ,ブドウも丹念に手摘みで収穫している。所有する畑で栽培されるブドウのうち,5ヘクタールで収穫したブドウのみがドメーヌのシャンパーニュの醸造に使われ、既述の通り,2.25ヘクタールで栽培されるブドウは,すべてボランジェが購入している。
ドメーヌの元詰めシャンパーニュの年間総生産量は4万本前後しか造られないこともあり,毎年,フランス国内の古くからの顧客を中心に直販され,国外に輸出されるのはごく僅か。現在,フラッグシップ・キュヴェの“クロ・ジャカン”をはじめ,6種類のキュヴェを手掛けている。ドメーヌで栽培するブドウの1/3をボランジェに提供し,ボランジェ所有の畑のブドウ栽培も行うアヴィーズ村屈指の新世代RM,それがピエール・カロ・エ・フィスだ。