「華麗なる間違い!」インパクトのあるワイナリー名&シンプルかつ印象的なボトル、ブリリアントミステイク

オーナーのジョン&ステイシー・ライナート夫妻が始めたプロジェクト。
ファースト・ヴィンテージは 2013年。まだ 3 年目のワインながら、2017 年プレミア・ナパ・ヴァレー・オークションにて 2015VTG が高額落札された。($30,000/60 本=1 本約5万5千円!!)
「なぜ 3 年目にして、このロケット・スタートは?」と各ワインメディアも驚く。
オーナーのジョンはフィラデルフィア出身、カリフォルニアにはミュージシャンになる為に移住、その後は別の職業で財を成し、妻ステイシーとサンフランシスコ・ベイエリアに住みながら、セカンド・ハウスとしてヨントヴィルにも住み、ナパ・ヴァレーでワインと食を楽しんでいたが、様々なワイン・イベントに参加しながら、多くのワイン・オーナーやワインメーカーと知り合いになり、ワイン造りへの情熱が高まっていく。
その時に知り合い、素晴らしいアドバイスをしてくれたのが、レアムのホアン・メルカードや、トーマス・リヴァース・ブラウンだったという。
そこから彼らは教えに従い、どんなワインを造りたいか確固たる信念を固め(他にない個性を持ったプレミアム・ワインを造ること)、素晴らしい畑から葡萄を調達し(難しい上に高額)、素晴らしいワインメーカーと契約してワインの世界に飛び込んだ。

《ブランド&パッケージ》
ブリリアント・ミステイクという個性的で、誰もが忘れないブランド・ネームを付け、さあ印象的なラベルは何がいいだろう?という時に、妻ステイシーからのアドバイスは
「一度決めてしまうと、もうすぐには変えられない。いっその事、ラベルは無しにしたら?」
逆転の発想から、誰も忘れない印象的なパッケージが完成した。

《畑》
ナパ・ヴァレー銘醸地 オークヴィル ラザフォード セント・ヘレナ プリチャード・ヒルの 4 つのブレンドです。ファースト・ヴィンテージとセカンドは、スタッグス・リープ・ディストリクツとラザ フォードの葡萄を調達して作り、その評判により、早くもサード・ヴィンテージの2015VTG からナパ・ヴァレーの中で誰もがうらやむ、アンディ・ベクストファー・ヴィンヤーズの3つの畑から調達するという離れ業をやってのけた。
2016VTG は調達した畑からの契約で畑名を明らかにできないとのこと。しかしながら今回は注目のプリチャード・ヒルの葡萄も入り葡萄の出どころはナパ・ヴァレーの選び抜かれた最良のブレンドと言える。

《ワインメーカー Maayan Koschitzky メイヤン・コスチスキ》
ダラ・ヴァレ、スクリーミング・イーグルなどで経験を積み、現在「アトリエ・メルカ」フィリップ・メルカのワインコンサルタント・ワインメイキーング・チームのディレクターを務める敏腕ワインメーカー。クライアントの要望に沿ったワイン造りに定評がある。フィリップ・メルカの片腕。

2016 ブリリアントミステイク カベルネ・ソーヴィニヨン・ナパ・ヴァレー

【2016 Brilliantmistake – Cabernet Sauvignon Napa Valley】

Cabernet Sauvignon 92%, Petit Verdot 8% 仏産樽熟成(新樽80%、1年使い20%) オークヴィル、ラザフォード、セント・ヘレナ、プリチャード・ヒルの4つのブレンド。契約で畑名を明らかにできないが、ナパ・ヴァレーの選び抜かれた最良畑・最良の葡萄のブレンドと言える。

>> ブリリアントミステイクについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————