ブルネッロの魅力を理想的なバランスで表現、ヴァル・ディ・スーガ

1969年にアルド・モーロ氏がビジネスを立ち上げるために、モンタルチーノの北側に農業用地を購入したことから、ヴァル・ディ・スーガの歴史は始まります。当時は飼料を生産するために、この土地が使用されていましたが、徐々にブドウ畑に転換。以降畑の所有者が何度も変わりながらも、1982年から自社でワイン造りが行われるようになりました。

造り手の絶え間ない努力の結果、2000年代にはブルネッロ・ディ・モンタルチーノをはじめとした数々のキュヴェが、著名なワイン評価誌であるワイン・アドヴォケイト誌において90点以上の高得点を獲得。最近では彼らが手掛ける単一畑キュヴェ、ヴィーニャ・スプンターリの2015年ヴィンテージが、著名なワイン専門サイトのひとつ、ヴィノスにおいて95点を獲得し、「近年で味わったなかでも最高レベルのブルネッロのひとつである。」と言わしめるほど、その実力の高さが認められるようになりました。
現在はアマローネの造り手として名をはせるベルターニ社の傘下となり、更なる品質向上を遂げています。

ヴァル・ディ・スーガは、モンタルチーノのなかでも歴史のある3つのエリアに畑を所有し、サンジョベーゼ・グロッソを栽培しています。同じモンタルチーノのエリアのなかでも、それぞれ個性豊かなテロワールを持っているのが特徴です。穏やかな気候で粘土質土壌を持つデル・ラーゴという畑からは、バランスの良さ、30kmほど離れた海の影響を受けるスプンターリという畑からは、豊かなアロマとしっかりとしたストラクチャー、堆積物や粘土、砂岩、石灰岩など様々な土壌を備えているポッジョ・アル・グランキオという畑からは、フルーティで酸度が高く、ミネラリーなワインが生み出されています。

こちらのブルネッロ・ディ・モンタルチーノは、そんな3つの畑のブドウをブレンド。リュット・レゾネ農法で栽培されたブドウを除梗し、畑ごとに発酵を行います。その後、スラヴォニアンとフレンチのオーク樽と、300Lのフレンチオークにて36ヵ月の熟成。そして最低12ヵ月の瓶内熟成を経てリリースされます。 こうして造りだされるワインは、フレッシュで力強いながらも、エレガンスを併せ持つスタイルが魅力。テロワールのそれぞれの魅力が理想的なバランスで表現されています。

2014 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ヴァル・ディ・スーガ

【2014 Brunello di Montalcino – Val di Suga】

>> ヴァル・ディ・スーガについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

イタリア最高の赤ワインに選ばれた「品質第一」にこだわる革新的な生産者、プロヴィンコ

《「品質第一」に拘るワインのプロ集団》
プロヴィンコは本拠地をトレンティーノ州に構え、1970年代に醸造家の協同組合としてスタートしました。「品質第一」を目標にイタリア各地の上質なブドウやワインを探し求め高品質のワインをプロデュースしてきました。現在はワインの専門家や販売のプロによって運営されており世界20か国以上に輸出されています。

《ルカ・マローニで満点を獲得したイタリア最高の赤ワイン!》
ワインの専門家や販売のプロによって運営されているプロヴィンコでは、世界のマーケットのニーズに対応すべくヴェネト州、トスカーナ州、シチリア州をはじめイタリアの主要なワイン産地でワイン造りを行っています。プロヴィンコの「品質第一」主義は各地でのワイン造りに生かされており、イタリアのワイン評価誌、「ルカ・マローニ」でプーリア州のワイン、「ロンコ・ディ・サッシ プリミティーヴォ アパッシメント 2015」が99点(満点)を獲得。イタリア最高の赤ワインとして高い注目を得ています。

(※ルカ・マローニ誌はワインを3つの視点、(一貫性/均整/完全調和性)に対して最大33点ずつの評価点があり、最高点は合計99点という独自の採点方法になります)

■ルカ・マローニ誌 2017訳文
一貫性:33均整:33 完全調和性:33
合計:99点(満点)

《非常に濃厚な果実味が堪能出来る1本》
カリフォルニアのジンファンデルと同じブドウ としても知られるプリミティーヴォは、プーリア州を代表するブドウ品種です。ブドウ畑の中で、どのブドウよりもいち早く熟成することから最初のブドウを意味する、『プリミティーヴォ』と名前が付けられたと言われています。「ロンコ・ディ・サッシ プリミティーヴォ アパッシメント」は、プリミティーヴォ100%で造られており非常に濃厚な果実味が感じられます。このワインにはアパッシメントと呼ばれる製法が使われており、熟したブドウをさらに樹上で干からびるほど過熟させ糖度・凝縮感を上げたブドウから造られています。プルーンのアロマ、タバコやスパイスの香りが漂う濃厚な赤ワインに仕上がっています。

2016 シデレウス プロヴィンコ

【2016 Sidereus – Provinco】

ワイン名は天文学者ガリレオ ガリレイの著書『シデレウス』から名づけられていて、ラベルに描かれた天体の世界観はその美しさ、明るさ、輝き、大きさ、荘厳さを表現しており、まさに満点の星空がラべルに描写されています。

醗酵:ステンレタンク/主醗酵後、マロラクティック醗酵
熟成:ステンレスタンク、コンクリートタンク熟成 4-6カ月
サンジョヴェーゼ50%に、メルロー、シラーの25%

>> プロヴィンコについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

海外の評論家から注目を集める若き当主、ボジオ

ピエモンテにてルカ ボジオ氏の両親が1967年から行っていた農業を引き継ぎ設立。若き当主ルカ ボジオによってピエモンテに設立されたボジオ ファミリーエステート。伝統を守りつつ、最新の設備を導入するなど、常に新しい挑戦に邁進。評論家が海外から訪れるなど、そのクオリティーの高さが伺える注目のワイナリーです。

2007 トリュフ・ハンター・レーダ・バルバレスコ・リゼルヴァ ボジオ

【2007 Truffle Hunter Leda Barbaresco Riserva – Bosio】

収穫後、容量の異なるアリエ産とリムーザン産の大樽で熟成させます。30ヘクトリットルで36ヶ月、80ヘクトリットルで12ヶ月、そして120ヘクトリットルで36ヶ月の合計84ヶ月という長期熟成です。
バルバレスコの産地、アルバ一帯は良質なトリュフが採れることでも有名です。このワインの名前は「トリュフ犬レーダ」。トリュフ採りが大好きなヴァルターボジオ氏の相棒であるレーダちゃんへの感謝を込めた名前となっています。

ラベルにはヴァルターボジオ氏の言葉が書かれています。「私の人生には4つのパッションがある。家族、愛犬レーダ、ワイン、そしてトリュフ。トリュフを採ることはピエモンテの伝統であり、レーダは価値の高いトリュフを掘りあてる名人として知られている。このワインは彼女への賛辞として造った。ボジオファミリーのために。どうぞこのワインを楽しんで家族友人と乾杯して下さい。」

>> ボジオについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

イタリアワインの新しいクオリティーの探求、MGM・モンド・デル・ヴィーノ

MGM社は1991年エミリア・ロマーニャのフォルリで、イタリア人(M. Martini) 、イギリス人(G. Gabb)、ドイツ人(M. Mack)の3人の醸造家によって創立。現在フォルリに経営本部、ピエモンテのプリオッカに最先端の醸造設備を持ち、数十年でトップイタリアワイン輸出メーカー15社のうちのひとつに成長しました。
MGM社の理念は「イタリアワインの新しいクオリティーの探求」。イタリアの8つの州に葡萄畑を持ち、各地域の土地と葡萄が持つ豊かな個性を生かした栽培を行っています。ワインは最先端の醸造設備で徹底した品質管理の下で造られます。設備内の研究所では、化学・微生物の各研究者が醸造から瓶詰めまで細かく品質のチェックを行います。その品質管理の高さはISO(国際標準化機構)のISO22000やISO9000の認証が証明しています。
MGM社は現在、年に2,500万本のボトルと450万個のワインボックス(3L)を生産し、40ヶ国以上の国に輸出しています。その品質の高さは世界中の国際コンクールでも高い評価を得ており、今後も注目のワインメーカーです。
ソプラサッソはヴェネト州で古代ローマより伝わる「アパッシメント」で造られたワイン。アパッシメントとは、収穫した葡萄を陰干しすることにより、エキスを濃縮させること。代表的なイタリアワインには「アマローネ」や「レチョート」があります。