技術革新著しいコストパフォーマンスに優れたチリワイン、ラウラ・ハートウィック・ワイナリー

ハートウィック家の先祖は遡ること150年前からこのサンタ・クルーズの地で伝統的な農業を行っています。200エー カーの畑を持ち、樹齢は20年~30年の木も含まれています。1980年代に入り、息子のアレッサンドロ・ハートウィック・ジュ ニアもワイナリーの仕事に加わり、最新の栽培・醸造技術と伝統的な方法とのバランスを取っています。栽培においてはキャノピー・マネージメントに気を使い、収量も落とし、ふどうの質を上げることに神経を配っています。1995年には新しいワイナリーが完成し、収穫後、ぶどうを最短時間でワイナリーに持ち込めるようになった為、更に質が向上しています。ワインの名前「ラウラ・ハートウィック」はオーナー夫人の名前でもあり、ドイツ系祖先に敬意を表した名前でもあり、ラベルも夫人の若かりし頃が描かれています

2014 ラウラ・ハートウィック・ワイナリー カベルネ・ソーヴィニヨン・シングル・ヴィンヤード

【2014 Laura Hartwig Winery – Cabernet Sauvignon Single Vineyard】

Cabernet Sauvignon 95%, Petit Verdot 5%。 ‘97「チリ・カベ」という名前を残したチリのカベルネ。14VTGからロス・ノガレス・ヴィンヤードの葡萄のみ(シングル・ヴィンヤード)で造られます。

>> ラウラ・ハートウィック・ワイナリーについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————