頑固親父の南端のシャンパーニュ、マリー・ドゥメ

マリー ドゥメはシャンパーニュの南端、シャブリにもほど近いギイ シュール セーヌという町にあります。現在の当主アラン ドゥメ氏がワイン造りを始めたのが1976年、マリー ドゥメとしてのブランドを立ち上げたのが1986年です。現在、およそ10haの畑を所有しており、ピノノワールを80%、シャルドネを20%植樹しています。ブドウ樹の樹齢は2年から34年で果実味の豊かな、コクのあるシャンパーニュを生み出しています。現在でもこの地域では、元詰めを行わずにブドウを大手シャンパーニュメーカーに販売する栽培者が多いと言いますが、そんな中でも早くから自社ブランドを築き、元詰め(一部買いブドウから)でシャンパーニュを生産するマリー ドゥメは奇特な生産者であると言えます。

マリー ドゥメ所有の10haにも及ぶ畑の栽培はしごく伝統的なもので、必要な農薬を適宜使用しつつ成熟したブドウを栽培しています。

「病害のリスクを考えた場合、農薬を使用することを否定することは出来ない。」とドゥメ氏は言います。

冷涼な土地であるシャンパーニュの気候もその一 因と言えるでしょう。その一方で、「必要のないものは使いたくない。」とも言い、除草剤を使用しないために小麦の種を畝と畝の間に撒いています。10月頃 に撒かれた小麦は、成長と共に他の雑草の生育を妨げ、結果的に除草を必要としなくなります。麦自体は翌年の6月には枯れてしまい、ブドウの樹がもっとも養分を必要とする夏には、その成長の邪魔とならないと言います。このように出来る限り農薬を減らすべく工夫を凝らしている姿と、「最低限の農薬は必要だ。」と言いきる姿のギャップに一昔前の頑固親父の照れくさい後姿を感じます。それもそのはず、ドゥメ氏には娘がいるのですが、その娘がオーストラリア人の夫と一緒にフォジェールでワイン造りをしており、しかも、若い感性で様々なワイン造りを勉強している彼らは、昨今の「自然派ワイン」のアプローチにも注目しているのです。どうやらそれが面白くないアラン氏は、自然派を否定しながらも、工業的な手法に頼らないワイン造りを着実に続けているように思えます。

一方、醸造に関しては可能な限りのオートメーション化を行い、ルミアージュ作業などを機械化することによって人件費を押さえ、コストパフォーマンスに優れた上質のシャンパーニュを生産することに成功しています。実際、カジュアルに楽しめる彼のシャンパーニュを愛飲している著名人も多く、ドゥメ氏曰く、イギリスのウィンザー卿やビートルズのポール マッカートニー氏も彼の顧客であると言います。

《ルノワールとの縁》
マリー ドゥメでは、2008年からメインラベルのデザインを一新し、シンプルながらも落ち着いた印象を受けるものとなりました。この新しいラベルには、ルノワールの絵画「ブージヴァルのダンス」からのモチーフがエンボス加工されています。またこのメゾンの上位キュヴェである「ディズヌビエム シエクル(= 19世紀)」には、この絵画が前面にデザインされています。これは、かつてルノワールの夫人が隣村に住んでおり、縁があったことに由来していると言います。またこのメゾンのブドウ畑の歴史が19世紀に始まっており、ルノワールが活躍した時代と時を同じくしているというのも理由だと言います。

NV マリー・ドゥメ ブリュット・トラディション

【NV Marie Demets – Brut Tradition】

ステンレスタンクを用いて発酵させ、最低でも15ヶ月の熟成を経てリリースされる。
ピノノワール 90%、シャルドネ 10%

>> マリー・ドゥメについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————