シャンパーニュで4箇所しかない接木なし自根のピノ・ノワールをもつ、ニコラ・マイヤール

栽培農家として1753年からの長い歴史をもっており、代々父から息子に引き継がれて来ました。2003年よりボルドー大学で醸造学を修め、エノログの資格を取得した後に南アフリカ、オレゴン等での修行を終えた9代目の若き当主ニコラ・マイヤールが栽培から醸造まで、全てを取り仕切っており名声を高めています

モンターニュ・ド・ランスの3つの村に跨る特級、一級畑はマサル選抜による株で平均樹齢30年以上と高く、厳格なリュット・レゾネを実践しています。ピノ・ノワール主体ながらも、重過ぎずドザージュに頼らないナチュラルな味わいは、安定感があり洗練された独特のスタイルに仕上げています。本拠地エキュイユ村に植わる自根のヴィーニュ・フランセーズによる「フラン・ド・ピエ」はシャンパーニュ全体でも4箇所しかないという希少品です

2003年より一新した醸造所はグラヴィティー・フローを取り入れ、区画毎の細やかな発酵・醸造を可能とする温度制御の小型ステンレスタンクおよび228Lの小樽を導入し、よりテロワールに焦点を当てた細やかな仕事ぶりを発揮しています。全生産の約40%を小樽にて醸造しており、ヴァン・ド・レゼルヴを多めに使う事により、味わいに安定感と深みを与えています。新しい醸造施設の屋根にはソーラーパネルを設置しておりワイナリーで使用する80%の電力を太陽光にて賄っています。

NV ニコラ・マイヤール マリー・オンズ・ブリュット・アリアンス

【NV Nicolas Maillart – Marie Hanze Brut Aliance】

ピノ・ノワール60% ピノ・ムニエ30% シャルドネ10%。エキュイユ村、ヴィレール・アルラン村、セルミエ村(ピノ・ムニエ)に所有する自社畑のぶどうを使用。ステンレスタンクにて発酵・醸造を行い、一部樽で保管されたヴァン・ド・レゼルヴを20%ブレンド後、瓶詰め。約2年の瓶熟成を行いデコルジュマンは手作業にて行われます。「ブリュット・プラティーヌ」にはテート・ド・キュヴェ(一番搾り果汁)のみを使用しますが、このマリー・オンズはプルミエール・タイユ(テート・ド・キュヴェの次に圧搾した果汁)が約半分ブレンドされるセカンドワイン的なシャンパーニュ。ワイン名のマリー・オンズとは当主ニコラ・マイヤールの祖母の名前。ドサージュ9g/L。

>> ニコラ・マイヤールについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————