2017 アリージア ピノ・ノワール・アンダーソン・ヴァレー

【2017 Alesia – Pinot Noir Anderson Valley】

アンダーソン・ヴァレーの自社畑ベアワロー・ヴィンヤード100% 仏産樽熟成約1年半。リースのシングル・ヴィンヤードのセレクションをした後、アリージアをセレクト。

>> アリージアについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

少量生産のプレミアム・ピノ・ノワールの新星、サンタ・クルーズ・マウンテンズで自社畑にこだわる、リース

VINOUSを主催するアントニオ・ガローニが「見つけたら迷わず手に入れてほしい」と言うほど、メーリングリストのみで販売され、アメリカ国内でも少量しか現れず、高い評価とレア度が高いワイナリー。オーナーのケヴィン・ハーヴェイ氏が理想としたものは、全ての管理が自分で出来る自社畑であること、涼しい風が吹く南東向き斜面、表土は薄く粘土が混ざり、その下の土や母岩は海洋性堆積・隆起土壌、標高は300m以上の高地が好ましく、密植で樹に多くのストレスを与え、ビオディナミ農法、ドライ・ファーミング、等々と非常にシリアスで厳しいまでに高品質の葡萄を求めた。サンフランシスコの南・サンタ・クルーズ・マウンテン地区に6つの自社畑とリース・チームで栽培管理をする1つの契約畑を持つ。またソノマの北・メンドシーノ郡のアンダーソン・ヴァレーの最北、河口近くもっとも冷たい海の影響を受ける地区にも自社畑を所有。マウント・エデンの紹介と粘り強い交渉で2012VTGより正式初輸入。2016年VTGより、シングル・ヴィンヤードとしてセレクトしたキュベは「リース」としてリリースし、セカンド・セレクションは「アリージア」ブランド名でAVA(ヴィラージュ=地区)を名乗ります。

2015 リース ピノ・ノワール・ベアワロー・ヴィンヤード

【2015 Rhys – Pinot Noir Bearwallow Vineyard】

>> リースについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————