頑固オヤジが姪とともに造る長期熟成タイプのジュヴレ・シャンベルタン、セラファン

当主のクリスチャン・セラファンはすでに70歳の坂を超え、表向き引退を宣言しているが、姪のフレデリック・バショテを指導しつつ、今なおワイン造りに取り組んでいる。

ドメーヌの創業は、クリスチャンの父が戦後、シャルム・シャンベルタンの畑を買ったことに始まる。父はポーランドから移住してきた木工職人だったが、この畑を手に入れたのを機会に栽培農家に転身した。
その後、クリスチャンが継いで畑を増やし、現在、合わせて5.3haの畑を耕作している。

所有するアペラシオンはブルゴーニュ・ルージュに始まり、村名ジュヴレ・シャンベルタンのノーマルとヴィエイユ・ヴィーニュ、村名シャンボール・ミュジニー・レ・ボードとモレ・サン・ドニ・ミランド、ジュヴレ・シャンベルタンの1級がコルボー、フォントニ、カズティエ。そして最後に特級シャルム・シャンベルタン。
このシャルム・シャンベルタンはふたつの区画からなり、ひとつは父が買ったシャルムで、もうひとつはクリスチャンが手に入れたマゾイエールだという。

セラファンのワインは高い新樽率が特徴。ブルゴーニュ・ルージュでさえ50%の新樽を用い、村名ジュヴレが70%、同ヴィエイユ・ヴィーニュ以上は100%となる。
製樽会社はおもにセガン・モローとフランソワ・フレール。
前者はエレガントなクリマに、後者はパワフルなクリマに向いているとクリスチャンはいう。

ワインがこれほど高い新樽に耐えられるのも、ブドウの品質が確かだからだ。
クリスチャンの手はグローヴでもはめたかと思うほど大きく、ゴツゴツとし、皺にはブドウの色素が染み込んで落ちない。生粋のヴィニュロンの手だ。こうした手をもつ造り手のワインはまずハズれた試しがない。

2002 ジュヴレ・シャンベルタン セラファン

【2002 Gevrey Chambertin – Serafin】

>> セラファンについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
VORT麻布十番Ⅳ 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————