ガレージから世界へと駆け上がったカルトワイン、ウィリアムズ・セリエム

ウイリアムズ・セリエムは、ソノマのロシアンリバー地区に住む2人の幼なじみの趣味が高じた、いわゆる“週末ワインメーキング”が始まりました。
会計士でありワインバイヤーでもあったエド・セリエムとサンフランシスコ・クロニクル新聞の印刷工であったバート・ウイリアムズという2人が、仕事の片手間に、車が2台入るか入らないかの小さなガレージで初めてワインを仕込んだのは1979年です。
それからわずか10年余のうちに、ウイリアムズ・セリエムのワインは今のような世界的「カルト」ワインの評価を受けるようになりました。そしてセリエムの世界的評価が、ソノマ・ロシアンリバー地区を世界でも指折りのピノ・ノワールの産地として有名にしたといっても過言ではないでしょう。

ウイリアムズ・セリエムの最初のヴィンテージは、これまたソノマのカルトワインの生産者として有名なマルティネリが所有する、樹齢84年の畑(畑名はJackass Hill)のブドウで造ったジンファンデルでした。
その後サンフランシスコで有名な土地資産家であるハワード・アレンとの出会いをきっかけに、2人はロシアンリバー地区のピノ・ノワールに開眼しました。アレンが所有し、ジョー・ロキオリが管理していたロシアンリバー地区ウエストサイド・ロード沿いのブドウ畑(アレン・ヴィンヤード)とロキオリ個人が所有していた畑(ロキオリ・ヴィンヤード)のブドウを使ってピノ・ノワールを造り始めました。
それ以降、フェリングトン、コーストランズ、プレシャス・マウンテンといった第一級のヴィンヤードと次々に契約を結び、この地区でのピノ・ノワール造りに専念していきました。
各テロワールの特徴が最大限に引き出され、ドラマティックで凝縮力のあるそれらワインはたちまちのうちに人々の間で評判になり、そして1987年のカリフォルニア・ステート・フェア・ワインコンペティションで、初めて出品した1985ロキオリ・ピノ・ノワールで「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれると、ウイリアムズ・セリエムは世界でも5本の指に入るピノ・ノワールの生産者として評されるようになりました。
また、ウイリアムズ・セリエムのフラッグシップでもある、「シングルヴィンヤードシリーズ」はロシアンリバーを中心としたソノマ地区等の著名な栽培農家のブドウから造られます。
長期契約を結び共同栽培をすることで、安定した品質と量を確保すると同時に、各ヴィンヤードの素晴らしいテロワールをボトルの中に再現することが可能になりました。
ウイリアムズ・セリエムの名声は、他でもなくこれら契約栽培農家の方々に支えられています。「ブドウからワインへ」テロワールの素晴らしいリレーションです。

2017 ウィリアムズ・セリエム ピノ・ノワール・ソノマ・カウンティ

【2017 Williams Selyem – Pinot Noir Sonoma County】

>> ウィリアムズ・セリエムについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2017 リヴァース・マリー ピノ・ノワール・スーマ・ヴィンヤード

【2017 Rivers-Marie – Pinot Noir Summa Vineyard】

自社畑スーマはオキシデンタル地区の中でも海よりで、赤い果実の個性がエレガントに出るのが特徴。今までウィリアム・セリエム、ロバート・ミュラー、リトライにブドウを提供してきた特別な畑。古樹(40年弱=スーマ・オールド・ヴァイン)の畝の間に、その優良な古樹から挿し木をして増やした樹(樹齢15年)と、98年に新たに買い足された区画に同じように挿し木をした区画(こちらも樹齢約15年)の葡萄をスーマとしている。

>> リヴァース・マリーについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

母国コロンビアの国花を冠したビビアナ・ゴンザレス・レーヴ女史がシャルドネ&ピノ・ノワールにフォーカスしたオリジナル・ブランド、カトレア

コロンビア出身、フランス、アメリカで腕を磨き、2012年よりウェイフェアラーbyパルメイヤー(ナパ・ワインで有名なパルメイヤーがソノマ・コーストで造るプレミアム・シャルドネ&ピノ・ノワールのブランド)の立ち上げに6年間栽培・醸造に関り、パーカー97+を得るまでに磨き上げた。それが高い評価を受け、2015年サンフランシスコクロニクル紙が選ぶ「ワインメーカー・オブ・ジ・イヤー」受賞。2017年からはナパ・ヴァレーのパルメイヤーでも、醸造トップとして手腕を振い、2019年から自身が造るワインに専念。2012年から造り続けている「カトレア」ブランドが遂に日本初輸入となりました。

2017 カトレア ピノ・ノワール キュヴェ・ナンバー・ワン ラシアン・リヴァー・ヴァレー

【2017 Cattleya – Pinot Noir Cuvée Number One Russian River Valley】

Pinot Noir 100% 冷たい霧に包み込まれるグリーン・ヴァレー地区の畑。寒暖差によりゆっくりと完熟する。土壌はピノ・ノワールに良く合うゴールドリッジ海底の砂が堆積した土壌。22日間のアルコール醗酵後、仏産樽にて熟成約10か月(新樽50%) フレッシュな赤い果実が豊満に香り、過熟しすぎない涼しい地区のピノ・ノワールの特徴がピュアに表現されている。

>> カトレアについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

DRCに勝利し、ワイン評論家の評価も高いオレゴン州を代表するワイナリー、ドメーヌ・セリーヌ

Domaine Sereneはオレゴン州の有名な葡萄栽培地Dundee Hillsの丘にある自社畑で、丹精込めて栽培した葡萄で麗しのPinot NoirとChardonnayをつくっています。畑の管理と醸造法は複雑味を持ち、凝縮してエレガントなPinot NoirとChardonnayを毎年つくり出すよう全ての資財はこの目標に集約されています。凝縮したフレーバーを得る為、非常に収穫量を抑えた栽培方法(全ての品種の平均収穫量を30hl/ha)を実施しています。全ての葡萄は手で収穫し厳しい選別が行なわれます。各畑の小区画のロットは別々に小さな開放型の醗酵槽で醗酵させ、フランスの産地の異なる厳選されたオーク樽で熟成をさせます。最初から最後の行程までワインはポンプを一切使わないでgravity flowで移動させ、人の手による介入は最小限に抑えています。Pinot Noirは14 – 18ヶ月樽で熟成させ、清澄も濾過もしないで瓶詰め時に澱引きを行います。Dijonクローンの自社畑のChardonnayはフランス産の小樽で醗酵し、シュル・リーで10 – 15ヶ月熟成させます。全てのワインは瓶詰後1年以上瓶熟をさせてから出荷します。

2014 ドメーヌ・セリーヌ ピノ・ノワール・エヴェンスタッド・リザーヴ

【2014 Domaine Serene – Pinot Noir Evenstad Reserve】

畑の多面的なテロワールを上品に表現したこのワインは、芳醇でパーフェクトなバランス、その完全なハーモニーを五感で感じることができる。ゆっくりとやさしい抽出によって得られる深いルビー色の色合い。グラスを鼻に近づけると一瞬で華やかに広がるフレッシュなブラックベリーとチェリー・コンポートのアロマ。次第に風味が増していくエキゾチック・スパイス、森の下草、切りたてのマッシュルームにダーク・フルーツのフレーバーを伴いながら口中を満たす、滑らかなテクスチャーとしっかりとしたタンニン。

>> ドメーヌ・セリーヌについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————