英国王室を魅了した気品漂う逸品、ロイヤル・ハウスホールド

【Royal Household】

1897年、当時最も多くの原酒を保有していたジェームズ・ブキャナン社は、英国王室によって皇太子(後のエドワード7世)専用のスコッチウイスキーを造るよう、勅命を受けました。
ブキャナン社は厳選された貴重な原酒を門外不出の技術によってブレンドし、英国王室にふさわしい 品格と気品に満ちたスコッチを見事に造り上げました。これがロイヤルハウスホールドです。 そのため、英国でも限られた場所でしか飲むことが許されていませんが、英国王室との友好な関係により日本では特別に飲むことが許されています。絹のようになめらかで繊細な味わいは唯一無二のスコッチとして完成されており、英国王室と日本の人達を魅了し続けています。

《ロイヤルハウスホールドが飲める3か所》
・バッキンガム宮殿
・アウターヘブリティーズ諸島のハリス島にあるローデンホテルのバー
・日本(日本で飲める理由は、昭和天皇が皇太子時代に英国へ訪れた際、プレゼントされたのがきっかけと言われています。)

《定冠詞”The”の付くロイヤルハウスホールド》
現在流通しているロイヤルハウスホールドには定冠詞の”The”は付いていませんが、これは1990年代初頭に王室御用達を外れた際に名所変更が行われたため。
定冠詞”The”の付く「ザ・ロイヤルハウスホールド」には王室の紋章が刻印されています。(現在流通品にはブキャナン社の紋章)

45種類にも及ぶ原酒が織り成す、繊細な味わいダルウィニーをキーモルトとして使用し、どれもが希少価値の高い特別に選りすぐられた原酒を使用。その味わいは繊細で、気品漂う風格に溢れており、唯一無二のスコッチとして完成されています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————