英国海軍が王室の特別行事などに撃ち鳴らす「王礼砲」、ロイヤル・サルート21y

【Royal Salute 21years】

ロイヤル・サルートとは、英国海軍が王室の特別行事などに撃ち鳴らす「王礼砲」のこと。このウィスキーは現女王、エリザベス2世の戴冠式を記念して、1952年にシーバス・ブラザーズ社が発売した物である。いわば女王に敬意を表すため特別にブレンドされたウィスキーで、21年以上熟成の原酒だけをブレンドしたスコッチの逸品。

「王礼砲」は王室のメンバーの誕生日や結婚、戴冠式などの特別行事の際に撃ち鳴らす空砲だが、それぞれ何発の空砲を鳴らすかは儀式によって決められている。この時のエリザベス2世の戴冠式ではそれが21発であったため、21年熟成に決めたのだという。熟成の極致とも言える21年熟成とベルベットに包まれた陶製のフラゴン(栓つき細口瓶)は、最高級スコッチとしてウィスキー党の憧れの的となっている。陶製フラゴンは当初、イギリスの名門ロイヤル・ドルトン社製であったが、現在は同じくウェイド社製に変わっている。もともとは、戴冠式用の限定発売であったが人気が余りに高かったせいか、現在では世界100ヶ国で販売されるプレミアム・スコッチの代表格となっている。フラゴンの色は青と緑と赤の3色。すべて中身は同じで、エリザベス2世の戴冠式の時に使われた王冠を彩る宝石の色に習っています。

製造元はシーバス・ブラザーズ社。「シーバス・リーガル」同様、「ロイヤル・サルート」もスペイサイドのストラスアイラ蒸溜所のモルトが中核となっている。「王礼砲」の名に恥じない気品漂うスコッチの名品で、口当たりはボトルを包むベルベットのようになめらか。それでいて熟成の極地を感じさせる重厚なボディとマイルドさを併せ持っている。「おいしい酒は水のようにスムーズに胃袋に落ちてゆく」というのは、まさにこのようなウィスキーをいうのであろう。「甘露」と呼ぶに相応しい美酒である。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————