セントラルコーストAVAで、過去に最も高い評価を得たカベルネ、スミス&フック

1970年代半ばにヴィンヤードを探していたニッキーはモントレーのサンタ・ルシア・ハイランズに、馬の放牧していたスミス・ランチと、何世代にも渡って牛の牧場であったフック・ランチを見つけブドウを植える決心をしました。そこでニッキーは彼らに敬意を払いスミス&フックの名を付けたワインをリリース。大変に高い評価を得たファースト・ヴィンテージの1980年以降、絶えることなくそのワインを造り続け、パッケージを一新した2006年ヴィンテージは引き続き、土地の遺産とニッキーのパイオニアスピリットを表現しています。
スミス&フックで高い評価を得た後、彼のファミリー名を冠したハーン・ワイナリーを設立しています。