ワイパラ地区老舗ワイナリーが手がける超コスパワイン、サザン・バンダリー・ワインズ

1982年設立。ワイパラで最初にブドウを栽培した家族経営の老舗ワイナリー凝縮した果実と美しいアロマが生まれるワイパラや、エレガントでミネラル感豊かなワインが生まれるマールボロの自社畑で、それぞれのテロワールに最適なブドウを栽培し高いコストパフォーマンスで人気を集める醸造所。
サザン・バンダリーが追求するワイン、そこには明確な個性があり、マールボロ地方やワイパラ地方の”それぞれのテロワールを反映している”そんなワインを目指しています。手頃な価格でありながらも畑の特徴を表現し、そこから独自のスタイルへと発展を遂げたワイン、これこそがホーム・クリークの醍醐味です。

醸造家のスコット・ベリー氏は幼いころからブドウ畑が常に身近に存在するという環境の中で育ちました。その結果、自然とワインやワイン造りにパッションを持つようになったと言います。
スコット氏曰く「ワイン造りは地域環境や畑の状態等変化しやすい条件の中で行われます。この変化が私に更なるワイン造りへの興味を抱かせ、畑の持つポテンシャルを最大限に引き出したワインを産み出す原動力となっている」のだと。

経歴:リンカーン大学で醸造学を学び、その後フランスのサンセールで伝統を重んじる最大の造り手として知られるアルフォンス・メロにてアシスタント醸造家として経験を積む。

それぞれの畑の土壌と環境、気候条件を理解し自然と共にワインを造るということをモットーに、サステーナブル農法(NZWG 2009年認定)を取り入れ自然と向き合い持続可能なブドウ栽培を行っています。
また、経験を積んだ畑のエキスパートで構成された少人数の栽培チームによって全てのプロセスを慎重に管理し、質の高いブドウを産み出しています。