三ツ星を与えられたシャルドネのスペシャリスト、アグラパール

コート・デ・ブランの自家栽培醸造家のなかで、この10haのドメーヌほどメディアに取り上げられ、またそれに値するものはない。その理由は、ここが精細を極めたシャンパン造りの最高のお手本であり、そのブドウがどこよりも美しく几帳面にしつらえられたブドウ畑から生まれるものだからである。ワイン造りも同様で、ひとつひとつの小さなキュヴェ同様、ブレンドして生まれるシャンパンも新鮮で焦点のしっかり合ったものでなければならないという明確な意識の下、オーク樽がワインに及ぼす有益な酸化作用が綿密に計算されている。醸造家のパスカル・アグラパールは言う。「私は、土壌に対する姿勢はブルゴーニュ的だが、ワイン造りにおいては極めてシャンパーニュ的だ。」この精密なラインから生み出されるシャンパンには、だらしなさや過抽出のかけらも見当たらない。

19世紀末にパスカルの曾祖父のアルチュール・アグラパールによって開かれたドメーヌは、現在オジェ、クラマン、オワリィ、アヴィズなどのグランクリュ・シャルドネ畑に合わせて60区画ほどを所有している。さらにベルジェル・レ・ヴェルチ、アヴネイ・ヴァル・ドール、マルドゥイユにもある。ブドウ樹の平均樹齢は理想的な35歳であるが、なかには60歳にも達する区画もある。土壌はブドウ樹の微生物学的生育を最大限助長するように手入れされており、その結果その根は直接岩盤に到達し、そこから存分にミネラルを吸収している。それによって、テロワールの神秘的な風味がワインに注入される。アグラパール家の頭と心には、全ての畑の特徴がしっかりと刻みこまれている。ここではビオディナミに関する説教じみた話は聞かれないが、ブドウに対するホメオパシー療法、有機肥料の使用などそれに近い生育方がとられている。ブドウ畑ではパリサージュ(枝の誘因、固定)が手作業で入念に行われているが、これは風邪や太陽の作用を促進するためである。それらの自然要素は、灰色カビ病やうどんこ病、べと病などの疫病の発生を防ぎ、人為的な治療の必要性を少なくする。収穫ももちろん手作業で、厳密に選んで選果し、最高に成熟させるために収穫をギリギリまで延ばす。

ワイン造りも精緻を極め、ワインの構造と重さに合わせて綿密に醸造方法を微調整している。グランヴァンは大きいほうのオーク樽を使うが、目的は木の香りを加えることではなく、管理された酸化を行うためである。より芳醇なワインを造るためには、温度調節をされたステンレス槽を使う。最終的にシャンパンの安定性と複雑さを増すため、マロラクティック発酵は行っている。一般にドサージュは低く控えめで、蔗糖を使い、リリース前3か月に行われ、瓶詰めとデゴルジュマンの日付は裏ラベルに明記されている。

入門者レベルのブラン・ド・ブランは一家の所有している全村のブレンドで、その名もレ・セット・クリュという。このブレンドに使われるブドウはすべて若く、そのため果実味に主眼がおかれ、通常のドサージュで強調される。ヴィンテージ・シャンパンのミネラルはアヴィズ(レ・シャンボタン)とクラマン(レ・ビオネ)の最高のブドウを使い、醸造はドゥミ・ミュイとステンレス槽の療法を使う。これらの特権的ブドウ畑の個性を最大限発揮させることが目的である。偉大な2002年ヴィンテージにはアヴィズとクラマンの卓越したミネラルとフィネスが素晴らしい精妙さのなかに渾然一体となって表現されている。対照的に2002年のキュヴェ・ヴニュは、アヴィズ村の精髄ともいうべき24haのリュー・ディ”ラ・フォッセ”の100%から造られる。その畑では機械を一切使わず、人と美しい雌白馬のヴニュが一緒になって畑を耕す。醸造はすべて樽で行われ、ブドウの年齢とヴィンテージの豊かさのおかげか。砂糖を加える必要は全くない。同じく2002年のラヴィゾアーズは一家の最高級ブランドで、今回は粘土とチョーク質の土壌が特徴リュー・ディ、レ・ロバールとラ・ヴォア・ド・エペルネのブドウを用いている。

これはアグラパール軍団のなかで最も長く熟成し、その凝縮感からアヴィズの最高傑作と言われ、価格以上の価値を持つシャンパンとなっている。


1894年、コート・デ・ブラン地区の中心地の一つ、アヴィズ村にアルチュール・アグラパールにより設立。1950年から1960年に渡り孫息子のピエール・アグラパールにより規模が拡張され、現在はその息子パスカルによって運営されています。所有畑の8割がグラン・クリュ、平均樹齢約40年という好条件のなか畑仕事を最重要視し、葡萄樹と常に対話をしながら極力自然なアプローチを心掛けています。

ドメーヌを率いる芸術家肌のパスカル・アグラパールは、1983年よりシャンパーニュ造りを行うシャルドネのスペシャリストです。健全でテロワールの風味が詰まったワインを造る為に我流で試行錯誤し続けた結果、独自の栽培法に加えて天然酵母による発酵、澱との長い接触、樽の導入などを行っています。手掛けるキュヴェ各種はそれぞれのコンセプト、必然性を明確にしており、複雑味があり、とてもピュアなシャンパーニュに仕上げられています。さらに研究熱心なパスカルは、馬による耕作や古代品種の混植などと新しい事にも果敢に挑戦しており、近年最も注目を浴びる醸造家の一人です。

【醸造】
自然と収量を制限したブドウは厳しく選果され、例年補糖を必要としない程に糖度が高い。収穫後は伝統的な4,000kgのコカールにて圧搾後10-12時間のデブルバージュを行い、全て自然酵母にて発酵。区画毎に600Lの樽(デュミ・ミュイ)とステンレスタンクを併用してシュール・リーにて熟成。翌年5月の満月時に清澄、ろ過なしで瓶詰めされ、最低3年間の瓶熟成を行っています。

樽を使ったシャンパーニュとしてRM No.1。フランスでは争奪戦の「レコルタンのクリュッグ」、ヴィルマール

ランスのすぐ南東に位置する一級格付けの村、リリー・ラ・モンターニュにおいて、1890年の創業以来、「テロワールの敬意」というファミリーの理念を守り続けるのが、このヴィルマール。1990年より若き当主、ローラン・ヴィルマールが伝統を継承する。

同村と同村を取り巻く畑のベストパートのみを所有し、11haの畑から年間約7000ケースのみのシャンパーニュをリリースする。除草剤、化学薬品を一切使用しないビオロジックによる栽培と徹底した収量制限を施された葡萄そのもののポテンンャルは驚愕に値する。ヴィルマールのシャンパーニュの品質を他のハウスから際立たせるのが「同家伝統の木樽発酵、樽熟成」。シャンパーニュ全土においてもクリュッグやジャック・セロスといった名立たる生産者のみが時に取り入れる手法である。

ノンヴィンテージは全てフードル(50hl)で、ヴィンテージはバリック(225l)で熟成。別格のワインだけが持ちうる気品と風格を纏う同家のシャンパーニュは、その卓越した樽使いから「レコルタンのクリュッグ」と絶賛されフランス国内の数多くの星付レストランがその少ない生産量を競ってオンリストする。

2014 ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・オー・ポワレ マシャール・ド・グラモン

【2015 Nuits-Saint-Georges Les Hauts Poirets – Machard de Gramont】

>> マシャール・ド・グラモンについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
VORT麻布十番Ⅳ 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2014 ポール・ホブス カベルネ・ソーヴィニョン・ナパ・ヴァレー

【2014 Paul Hobbs – Cabernet Sauvignon Napa Valley】

>> ポール・ホブスについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
VORT麻布十番Ⅳ 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2007 ロベール・シャルルマーニュ ブリュット・ミレジム・ブラン・ド・ブラン・グラン・クリュ

【2007 Robert Charlemagne – Brut Millésime Blanc de Blancs Grand Cru】

50%ル・メニル・シュル・オジェ、50%オジェのシャルドネ100%。平均樹齢30年。ドザージュは8g/l。

>> ロベール・シャルルマーニュについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
VORT麻布十番Ⅳ 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

7世代続く伝統と現オーナーの新しいヴィジョンが根付く、アルノー・ショパン

コート・ド・ニュイの中心部カンブランシアンに本拠をおく7世代続く生産者です。
現在は7代目のアルノーとアルバン・ショパン兄弟が中心となりドメーヌを運営しています。
先代までは伝統的手法に則り、素朴なスタイルのピノ・ノワールを造り出してきましたが、現在のオーナーで兄のアルノー・ショパン氏が海外での経験を積んだことにより、今までの伝統に加え新たな知見と技術をもたらしました。アルノー・ショパン氏は自分たちの力の限界までワインの品質を高める事を目標にしています。
ドメーヌはピノ・ノワールを中心に栽培・醸造しており、栽培総面積はおよそ10ha。
ブドウ栽培はリュット・レゾネを実践し、除草剤を使用しない自然に配慮した栽培を行っています。

《ドメーヌに新たな風を吹き込む男気溢れるオーナー》
アルノー・ショパン氏はボーヌのCFPPA(職業高校)でワイン作りを学びました。
在学中にはフランス国内の複数のワイナリーで研修を積み、卒業後には南アフリカでワインづくりを経験。ピノタージュの栽培に関して多くを学ぶ他、南半球とブルゴーニュの気候の類似点・相違点を深く体感します。さらには最新鋭の機器や醸造手法に触れ後のワイン造りに大きな影響を受けることとなります。
1997年にドメーヌへ戻り、オーナーに就任。祖父アンドレ、父イブとともにドメーヌ・アルノー・ショパンの新たなスタートを切りました。 2000年には樽会社で働いていた弟アルバンもドメーヌに参加。兄弟の知識を結集し、ショパンのワインを日々進化させております。

《兄を支える樽のスペシャリスト》
職業高校でワイン造りを学んだあと、一流の樽会社であるフランソワ・フレール社に勤務しました。2000年にドメーヌに戻り兄のアルノーと共に素晴らしいワインを造るため日々努力しています。ワインづくりにおいて、特にブルゴーニュにおいては樽の使い方と選び方は重要な要素であり、ドメーヌ・アルノー・ショパンにおいてもアルバンの経験と知識が大いに発揮されています。

《理想のワイン像は「フィネス」が最大限に表現されたピノ・ノワール!》
「ピノノワールのフィネスが表現されていること。」これがアルノーが常に意識しているワイン像です。
フィネスやエレガンスは人によって微妙に異なる意味をもつ場合がありますが、アルノーの考えるフィネスとは「ブドウを噛んでいるようなたっぷりとした果実味の中に、しっかりとした酸とタンニンがバランスよく溶け込んでいること」。
もちろんそれぞれのワインに産地のテロワールは反映されますが、それでもアルノー・ショパンのピノ・ノワールにはどのアペラシオンにも共通した品のある果実味が感じられるはずです。

《ワインの品質向上のため、栽培面積を縮小》
ショパン兄弟が考える品質を実現するために必要なことは、
1,ブドウそのものの品質を高めること。
2,区画ごとに収穫と醸造を分けて行うこと。
3,それぞれのキュヴェに合った醸造(樽ブレンド含む)を行うこと。

これらを実現するために、彼らはなんとブルゴーニュ・ルージュとブルゴーニュ・ブランの畑を売却しました。中途半端に散らばっている、ブレンドして作るブルゴーニュルージュよりも、自分たちの本分である「コート・ド・ニュイ」に集中してエネルギーを注ぎこもうと考えた結果です。総栽培面積は減少しましたが、集中的にコート・ド・ニュイの畑をケアできるようになりました。土の状態を常に確認し、掘り起こしなどの耕作も適切に実施。ブドウの樹そのもののパワーが改善され、果実の品質があがりました。収穫についても以前より細やかな対応が出来るようになり、選果もより厳しく、パーセルごとの醸造が可能となりました。
樽の選択はアルバンの得意分野。ヴィンテージや糖度、酸度、タンニンの質などによって適切に使い分けています。

《栽培は全て手作業》。
リュット・レゾネ方式を採用し、全ての作業は機械を使わず手作業でおこなっています。除草剤も使用せず、必要なときには畑を耕すようにしています。
ブドウの木の間に雑草が生茂ることでブドウが地中深くまで根を伸ばし、
結果として1本の樹になるブドウの房数が減り、果粒自体も小さくなるため
より凝縮度の高い高品質品質なブドウを収穫することができると考えています

《果実味を大切に、時間をかけたマセラシオン》
ワイン醸造においては、ワインの個性となる果実味を最適に抽出するべく、たっぷりと時間を掛けマセラシオンを行います。
収穫の後、約一週間、8度でのスタビライゼーション(安定化)を行い、その後厳しい温度管理の下約15日間の発酵を行います。
発酵後は優しく圧搾、樽に移しおよそ14ヶ月樽熟成を行った後に瓶詰めします。
瓶詰時にフィルター処理はほとんど行いません。
この結果アルノー・ショパンのワインは赤い果実の風味に溢れ、
チャーミングかつエレガントな特徴を持つワインとなります。

2013 ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・シャルモット アルノー・ショパン

【2013 Nuits St Georges Les Charmottes – A. Chopin】

《Les Charmottes》  ブルゴーニュの地図へ
1級畑オー・ブスロの真下に位置する村名畑。土壌は石灰・泥灰質で構成され、生まれるワインは長命なものとなる。

>> アルノー・ショパンについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————