テロワールを最大限に引き出すため、ブドウ栽培に心血を注ぎ有機栽培・ビオディナミを実践、クーパー・マウンテン・ヴィンヤーズ

《オンリーワンな産地からオンリーワンな味わいの自然派ワインを!》
医師であるロバートと彼の妻コリーヌのグロス夫妻が、世界的にも非常に優れたピノ・ノワールの銘産地として知られる、オレゴン州ウィラメット・ヴァレーに1978年に設立したワイナリーです。ワイン造りの中心地から少し人里離れた秘境、ウィラメット・ヴァレー北東部の「クーパー山」でこの山唯一の生産者として有機&ビオディナミ農法によりブドウ栽培、ワイン造りを行ってきました。

標高125-210mの傾斜地に広がる彼らの畑は火山性や海洋性の入り組んだ土壌が堆積した、ブドウ栽培にとって非常に理想的な土壌と冷涼な気候環境を持ち、周囲にワイナリーが無い事から、他の畑で使用した薬品などの影響を受けることなく、完璧な形で有機&ビオディナミ農法をおこなう事ができます。

『フィロキセラフリー! 接ぎ木無』
この地にはまだ、フィロキセラの被害もない事からブドウの樹は接ぎ木なしの自木で栽培され、苗木もこの自木から取りることでクーパーマウンテン独自のテロワールを表現する事に努めています。また、調合材に使用するプレパラシオンも自社生産を行い、本当の意味でのテロワールワインを目指します。

更には醸造面でSO2(酸化防止剤:二酸化硫黄)の添加を極限まで減らし、可能な限りテロワールを素直に反映させた、他のオレゴンワインとは一味も二味も異なる、クーパーマウンテン・ヴィンヤーズ独自の味わいを産みだしています。

《ラトゥールで経験を積んだフランス人醸造家が手掛けるオレゴンワイン》
ボルドー出身の奇才、ジル・デ・ドミンゴ氏。

ボルドーの老舗ワイナリーChateau Lorient(シャトー・ローレント)に生まれ、フランスでワイン造りブドウ栽培を学んだ後、世界のワイン産地を巡りりたどり着いたのが、遠く離れたオレゴン州のウィラメット・ヴァレーでした。

実家がワイナリーという事もあり、早くからワイン造りに触れ、学生時代にはボルドー大学と南仏のイエール大学でブドウ栽培と醸造学の学位を取得。インターンとしてシャトー・ラトゥールで2年間アシスタント醸造家として経験を積み、その後3年間をシャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドで畑のリサーチマネージャのポジションとアシスタント醸造家の仕事を兼任し経験を積んだできた実力派です。

「僕はフランス、ボルドーで産まれ、オレゴン州に骨を埋めるんだ」と語るドミンゴ氏。彼が魅了されたのが、ワイン王国である母国フランスでは無く遠く離れたオレゴン州であったという点からも、オレゴン州の可能性の高さがうかがい知ることが出来ます。

《ビオディナミ、オーガニックの道を切り開いてきた栽培家》
過去20年にわたりクーパー・マウンテン・ヴィンヤーズにてブドウ栽培に携わってきた最重要人物の一人で、オレゴン州のブドウ栽培家としてもパイオニア的存在です。1985年にクーパー・マウンテンにやってきた彼は、ここで生じる全ての自然活動「雨・雪・風・太陽」の働きを何年もの間体験してきました。彼の経験をもとに、高い品質のブドウを産みだすため、丁寧に畑の手入れを施しその管理に取り組んできました。オーナーであるグロス医師はオレゴンでのオーガニック、バイオダイナミック農法に強い関心を持ち、またその可能性を確信し自然派農法を用いることを決めました。そのビジョンをゲリー率いる栽培家チームが畑で実践してきました。オレゴン州でのワイン造り自体がまだ新しい試みであるため、オーガニック、バイオダイナミックの分野では時代の先を行くチームといえるでしょう。自社畑、40haを超える畑を管理するのは決して容易いことではありませんが、深い知識と情熱を持つ、サンチェス氏が誇る彼のチームは、クーパー・マウンテンの成功に大きく貢献しています。

《テロワールを最大限に引き出すナチュラルなワイン》

クパー山がもたらしてくれる、素晴らしいテロワールを最大限に引き出すため、ブドウ栽培に心血を注ぎ長い年月をかけてブドウ畑を育ててきたクーパー・マウンテン・ヴィンヤーズでは、醸造面で人為的な介入をできるだけ少なくワインを醸造しています。そして、SO2の代替として、ブドウ果実に含まれている抗酸化物質の研究を行ってきました。現在では、彼らの畑から採れるブドウに含まれる抗酸化物質を醸造によって上昇させることに成功し、SO2の添加を可能な限り抑えたワイン造りをおこなう事が可能になりました。また、最近ではSO2無添加のワイン「LIFE]をもうみだし注目を集めています。

《自然との調和》

ラベルには『人体の機能は宇宙の動きと関連している』という理論の元、ダヴィンチが描いた人体図を使用し、その周りにビオディナミの5つのエレメンツ『花』『根』『芽』『葉』『果実』の絵をあしらい自然との調和を第一に考えるワイナリーの世界観を表現しています。ビオディナミの理論に賛同し、クーパー・マウンテンではこの5つのエレメンツと「春」「夏」「秋」「収穫期」「冬」の5つの季節があるという考えに基づき、5つのエレメンツをそれぞれの5つ季節のサイクルで育てます。

《ビオディナミで使用するプレパラシオン(超合材)は全て自社製》

ビオディナミ農法では、プレパラシオンと呼ばれる調合剤を使用します。これらの調合材の素材となる動植物は全て敷地内で栽培、飼育されたものを使う事で本当の意味でのテロワールに忠実なワインを目指します。

【各プレパラシオンの役割】
・土壌と植物にエネルギーを与える
・健康的な環境を生み出すことで、畑全体のバランスを保つ

【使用するプレパラシオン】
9種類のプレパラシオンを使用します。(そのうち、BD #500 と #501 は別々に使用)

・BD 502-507 : 堆肥に混ぜる
・BD #500(牛の角&肥料): 根と腐植土の発達を促進。通常、春の初めに散布。
・BD # 501(牛の角&シリカ): 葉の発達を促進。開花の直前、成長期に散布
・BD # 502(ヤロウ/ノコギリソウ): 植物が微量元素を得る力となる。
・BD # 503(カモミール): 堆肥に含まれる窒素の安定化、土壌の寿命を高める。
・BD # 504(イラクサ): 土壌の質を高め、植物に必要な栄養素を与える。土壌の活気を与える。
・BD #505(オークの皮): 病気を癒す力を与える。
・BD #506(タンポポ): シリカとカリウムの働きを促進し、土壌に宇宙の力を与える。
– BD # 507(カノコソウ): 堆肥を刺激し、リンの効力を発揮させる。
– BD # 508(馬の尾): 病気の予防、管理

2016 クーパー・マウンテン・ヴィンヤーズ シャルドネ・ウィラメット・ヴァレー

【2016 Cooper Mountain Vineyards – Chardonnay Willamette Valley】

醗酵: 天然酵母 37%ステンレス/63%木樽(新樽比率10%)。MLF50%
熟成:63%フレンチオーク樽 8カ月(新樽比率 16%)

>> クーパー・マウンテン・ヴィンヤーズについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2005 ポール・バラ グラン・クリュ・ブージイ・スペシャル・クラブ

【2005 Paul Bara – Grand Cru Bouzy Special Club】

ドメーヌのフラッグ・シップであるこのヴィンテージ・シャンパーニュは、ピノノワール67%、シャルドネ33%の比率になっている。

>> ポール・バラについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2007 ヴィルマール プルミエ・クリュ・リリー・ラ・モンターニュ・クール・ド・キュヴェ

【2007 Vilmart & Cie – 1er Cru Rilly La Montagne Coeur de Cuvee】

同家が誇るリリー・ラ・モンターニュのベストの区画から選りすぐられた樹齢50年以上のヴィエイユ・ヴィーニュのみを使用。新樽発酵、10ヶ月に及ぶ新樽熟成によって醸された、ヴィルマールを代表する逸品。シャルドネ80%、ピノ・ノワール20%。バリック(225l)で10ヶ月熟成。60~96ヶ月の瓶熟の後にリリースされる。ドサージュは8~12g。MLFなし。

>> ヴィルマールについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

樽を使ったシャンパーニュとしてRM No.1。フランスでは争奪戦の「レコルタンのクリュッグ」、ヴィルマール

ランスのすぐ南東に位置する一級格付けの村、リリー・ラ・モンターニュにおいて、1890年の創業以来、「テロワールの敬意」というファミリーの理念を守り続けるのが、このヴィルマール。1990年より若き当主、ローラン・ヴィルマールが伝統を継承する。

同村と同村を取り巻く畑のベストパートのみを所有し、11haの畑から年間約7000ケースのみのシャンパーニュをリリースする。除草剤、化学薬品を一切使用しないビオロジックによる栽培と徹底した収量制限を施された葡萄そのもののポテンンャルは驚愕に値する。ヴィルマールのシャンパーニュの品質を他のハウスから際立たせるのが「同家伝統の木樽発酵、樽熟成」。シャンパーニュ全土においてもクリュッグやジャック・セロスといった名立たる生産者のみが時に取り入れる手法である。

ノンヴィンテージは全てフードル(50hl)で、ヴィンテージはバリック(225l)で熟成。別格のワインだけが持ちうる気品と風格を纏う同家のシャンパーニュは、その卓越した樽使いから「レコルタンのクリュッグ」と絶賛されフランス国内の数多くの星付レストランがその少ない生産量を競ってオンリストする。

2003 タルラン ラ・ヴィーニュ・ドール・ブリュット・ナチュール

【2003 Tarlant – La Vigne d’Or Brut Nature】

ウイィ村特有のテロワール、スパルナシアンという粘土石灰質土壌を持つ単一畑「ピエール・ド・ベルヴュー」に植わる平均樹齢62年のピノ・ムニエ100%。長期熟成に向かないと言われるピノ・ムニエ種も適したテロワールに植えて丁寧に仕込めば熟成可能という事を証明したかったという。炒ったヘーゼルナッツ、アジアンスパイスの香り、エキゾチックなフルーツなど複雑な味わい。2003年はノン・ドゼにて発売。小樽にて一次発酵、バトナージュを行いシュール・リーにて8-12ヶ月熟成。

>> タルランについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

銘醸地ヤラ・ヴァレーの新星!冷涼な気候下で育つアロマ豊かなブドウに命を吹き込む造り手、ソウマ

《ヤラ・ヴァレーの銘醸地区でプレミアムワインを生みだすソウマ》
2005年、オーストラリアで園芸学やサービス業に携わってきたブッチャー家がプレミアムワインの産地として知られるオーストラリア屈指の冷涼な産地、ヤラ・ヴァレーにブドウ畑を購入し2007年にワイナリーを立ち上げました。冷涼な気候をいかし、ヤラ・ヴァレーを一躍有名にしたブルゴーニュ品種のシャルドネやピノ・ノワールをはじめ、北イタリアや北ローヌ地方で栽培されるシラー、サヴァニャン、ネッビオーロ等を中心に栽培し、ヤラ・ヴァレーの可能性を様々な品種で表現しています。

設立当初は同地区の他社にブドウを販売していましたが、2010年にソウマのコンセプトを語るにもっとも重要なワイン、単一畑から生まれる『サヴァロー 2010』(サバニャン)をリリースしました。

自社畑は約20haと比較的小規模で、品質向上のため低収量を実践するため生産量が限られています。単一畑シリーズのワインは生産量が年間500-1000函と非常に少なく、オーストラリアでは主にレストランやワインバー、高級ワインショップでのみ見つけることができる希少性の高いブランドです。

また、初ヴィンテージより毎年高い評価を獲得し、ヤラ・ヴァレーの新星としてワイン愛好家に注目される、知る人ぞ知るブティックワイナリーです。

《銘醸蔵がひしめき合う最高の地区でのブドウ栽培!》
ソウマは冷涼なヤラ・ヴァレーの中でもグリエール地区と呼ばれる銘醸地でブドウを栽培しています。周囲にはヤラ・ヴァレーで最も有名な「コールド・ストリーム・ヒルズ社」や「ヤラ・イエリング社」が軒を連ねる、ヤラ・ヴァレーの中でも優良な栽培地区です。

ソウマでは穏やかな丘陵地帯を利用し、異なった標高差、畑の向き、日照量の当たり具合等、それぞれのブドウ品種に適した区画で栽培しています。例えば黒ブドウのネッビオーロは冷涼な環境を好み、長い生育期間が必要な品種のため、北向きの区画に植えます。一方でピノ・ノワールは暑さに弱いため、東向きと南向きの区画に栽培しています。また、白ブドウは暖かい環境を好むサヴァニャンを比較的温暖な区画で栽培。シャルドネに関しては一番涼しい区画を選んでいます。ワイナリーでは全てのブドウは最低、2区画以上で栽培します。これは、一区画が仮に霜の被害などにあっても別区画からブドウが収穫できるようにするためです。

プレミアムラインは全て単一畑からブドウを収穫する為、収量は少ないですが素晴らしい凝縮感と品質を楽しむことができます。

《非常に冷涼な地区だからこだわる北イタリア、フランス品種!》
ソウマのある畑の気候は、北イタリアや北ローヌ、ブルゴーニュと類似しています。

1月(南半球では夏)の昼夜の寒暖差は非常に大きく、平均気温も17.9度と低く、平均気温だけを見るとブルゴーニュ(ディジョン地区の平均気温19.6度)よりも涼しい産地です。 そのためブドウは時間をかけて成熟します。また、成長期の日中の湿度が低いため、病害のリスクを抑えることができるという利点もあります。

《腕利き醸造家が手がけるプレミアムな味わい》
醸造家のスコット・マッカーシー氏はブドウ栽培家の息子として育ち、幼いころからブドウ栽培に携ることで、自然とワイン造りへの興味を深めていきました。そして醸造家へと道を進めました。世界各国の銘醸地でワイン造りの経験を積んだ彼は、冷涼な地域でのプレミアムワイン造りの可能性に強い関心を抱くようになり、ソウマに醸造家として加わりました。人間の介入を最小限に留め、ブドウが持っている力を最大限活かし土地を反映するようなワインを追求しワイン造りを行っています。

《熟練の栽培家が丹精込めて育てるブドウ》
ティム・ブラウン氏はヤラ・ヴァレーでの栽培経験に富み、冷涼な産地でのブドウ栽培のスペシャリストです。

低収量・高品質にこだわり人間の手を出来るだけ加えず、ブドウと大地が互いに語り合いながら自然の力でバランスを取っていくことを大事に考えます。例えば、新しいブドウを植える際には、よりブドウ樹がバランスを保ち適切に成熟していくように、ブドウの木に使う台木の選定から注意しておこないます。また、畑の向きなど、それぞれのブドウ品種に理想的な区画での栽培にこだわります。

彼もまた素晴らしいブドウを産み出すソウマの影の立役者と言ってもいいでしょう。

《ワイン用ブドウに最適な土壌》
ソウマの畑が広がるグリエール地区は軽い粘土や砕けた岩、砂質を含む灰色の古いローム質土壌から成ります。この地区は栄養素に乏しく、丘陵地のため水はけも良いことからブドウ栽培にとって理想的な環境が揃います。土質は酸性で場所によっては非常に酸が強い区画もあります。この為、アルカリ性の土壌をより好むブドウ品種(黒ブドウののネッビオーロ)の畑には、貝殻を粉砕して粉を畑に与え、人工的にアルカリ性の環境を作っています。

土壌は約1メートル程の深さまでが石や砂を含むローム質土壌によって構成され、その下に粘土質土壌が水分を蓄えることができるように形成されています。ただ、成長期に雨が少なく水はけも良いことから灌漑は必須で、ブドウにストレスを与えない程度の灌漑用水をブドウ畑に与えます。

《減農薬、持続可能な農法を実践》
畑では可能な限り殺虫剤や除草剤の使用を減らし、自然の力をいかした栽培を行っています。ヤラ・ヴァレーはスーパープレミアムなワインの生産に適した産地ですが、気温が急激に下がることもあるため、灰色カビ菌やうどん粉病対策にスプレーを使わざるを得ないこともあります。ソウマではこういった菌対策に使用する殺菌剤は全て自然由来の物を使っています。

土壌環境も同様で、薬に頼るのではなく畑の状態を常にモニタリングし、土壌の湿度を観察しながら必要に応じて土壌やブドウ樹の健康維持の補助にマルチング(ビニールシート)を使用するなど、自然に優しい農法を採用しています。他にも、冬季には畑に羊を畑に放すことで除草剤の使用を可能な限り抑えたり、干ばつに耐性のある台木を使うことで水資源の有効活用を図るなど、周囲の自然環境や土壌の生態系に配慮したブドウ栽培を行っています。

《クローンへのこだわり》
ソウマではシャルドネやピノ・ノワールを含む多くの品種で複数の異なるクローンを栽培し、醸造後にブレンドすることで、単一クローンでは生みだせない複雑味を表現しています。同じクローンは同じ区画に栽培していますが、それは開花や成熟が同時期に起こり、更に病害への抵抗力が同レベルのブドウがうまれることで、畑の管理がスムーズになります。しかし単一のクローンのみでワインを造ると風味特性が単調になるため、ソウマでは同じ品種の異なるクローンを、それぞれの区画で栽培するという取り組みを実践しています。

【クローンセレクションの例】
●シャルドネ
・Bernard 76:ロワール起源
・Bernard 95:コート・デュ・ローヌ起源
・Mendoza:アメリカUCデイヴィス校とCSIROで開発された品種。Gingin Cloneとも呼ばれ、一つの房に大きな粒と小さな粒が混在するという特徴を持ちます。完熟した大きな粒と、酸の高い小さな粒が混じり合うことで味わいに複雑味をもたらします。

●ピノ・ノワール
・777:ブルゴーニュ/モレ・サン・ドニ起源
・D4V2:ブルゴーニュ/ポマール起源
・MV6:ブルゴーニュ/クロ・ヴージョ起源

これらのクローンは別々に醸造され、最終的にブレンドすることで、バランス感の素晴らしいアロマ豊かなワインが生まれます。ワインは柑橘果実のフレーバーを持ち、ボディは大きく、リッチなスタイルで凝縮感も素晴らしいスタイルになります。

《樽に頼るのではなく畑の力を引き出すこと》
早めに収穫されたシャルドネは、オーク樽を使いすぎること無く、またマロラクティック醗酵を一部のみに抑えることで、より畑の特徴が隠れてしまうことが無いように注意して醸造します。この結果、きりっとした柑橘類と酸、ミネラル感豊かなソウマ独自のシャルドネをうみ出すことができました。