シャンパーニュ随一の分厚いミネラル、マイィ・シャンパーニュの真髄、リュシアン・ロゲ

【NV Lucien Roguet – Brut Tradition Grand Cru】

「モンターニュ・ド・ランス」北部に位置するマイィ・シャンパーニュ村は、栽培家のほぼ全員が同村の協同組合に所属しているという歴史的特異性を有し、したがって同村で生産されるシャンパンのほぼ全量がその協同組合のラインナップとして販売されています。しかしついに、「17のグラン・クリュ」のひとつであるこの村のテロワールを最高度の次元でシャンパンに表現できるレコルタン・マニピュランが本格始動を開始し、日本にご紹介できるはこびとなりました。
1870年にぶどう栽培を始めたロゲ家は、ネゴシアンにぶどうを販売しながら、20世紀上旬には自社ビン詰めを開始。以降、少しずつ畑を拡げながら、父から子へ、父から子へと栽培と醸造の技を伝え、積み上げ、深化させてきました。そして2008年、高い志と知性に溢れる6代目サミュエル・ロゲの正式継承によって、「マイィ・シャンパーニュ」の真の凄さを世界に発信することのできるRM「リュシアン・ロゲ」が覚醒の時を迎えました。今日の合計所有畑面積は7ヘクタールで、100%マイィ・シャンパーニュです。
6世代にわたって、この地に栽培家として生きてきましたので、畑のことは隅から隅まで知り尽くしています。「マイィ・シャンパーニュ」の真髄は、シャンパーニュ随一と言われる分厚い、むき出しの白亜質土壌に由来する豊富なミネラルにあります。そしてそのミネラルが、北側斜面畑であるがゆえの美しい酸、繊細でデリケートな果実味と絶妙に溶け合って、この地ならではのシャンパンが生まれるのです」。
「このようなスタイルのシャンパンは、メイラード反応等との相性が抜群であると考えています。ブリオッシュやトーストの香ばしい風味こそがシャンパンの愉悦、醍醐味であり、そのためヴァン・ド・レゼルヴの古酒率を高めて一部を樽熟成させたり、ビン熟成期間を長めにしたりといった醸造法を採っています」。
百聞は一飲に如かず。「マイィ・シャンパーニュ」がなぜグラン・クリュなのかを、痛切に実感していただけると思います。

《Brut Tradition Grand Cru》
すべてマイィ・シャンパーニュ産のピノ・ノワール60%、シャルドネ25%、ピノ・ムニエ15%。平均樹齢約25年。現在販売中のものは、2013年産80%、5年分のヴァン・ド・レゼルヴが20%(一部ブルゴーニュ製樽で熟成)。ドザージュは11g/l。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

大量のモルトを手作業で混ぜ合わせていた時代の職業病、モンキーショルダー

【Monkey Shoulder】
スコットランドの由緒あるウィスキーメーカー「ウィリアム・グランツ&サンズ社」が、2005年に発売スタートした新発想のウィスキー。
世界初のトリプルモルトウィスキーとしてローンチした発売キャンペーンでは、タキシード姿の男性(顔は猿!)の両脇に2人の美女を立たせたビジュアルとともに、“A threesome is better than a onesome(1人より3人の方がいい)”という衝撃的なコピーで、ウィスキー離れした若者たちの注目を一気に集めました。
少しセクシーなジョークを交えたこのキャンペーンは、“おじいちゃんの飲み物”というウイスキーの伝統的なイメージから離れて、新しいジェネレーションの獲得とオケージョンの新規開拓を狙ってのことでした。スムースでリッチな飲み口もビギナーに受け入れられて、とくにイギリスやアメリカでファンが増加。

ウィリアム・グラント社が所有する三つの蒸溜所グレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィーの選ばれたモルト27樽をブレンド。ユニークなボトルデザインも人気。3匹の猿のモチーフがついた印象的なボトルで、手土産にも重宝されています。商品名の由来は、ウィスキー職人たちの職業病から。大量のモルトを手作業で混ぜ合わせていた時代に多くの職人が肩を痛め、その職業病を「モンキーショルダー」と呼んでいたそうです。現在でこそ手作業はないが、1887年創業の醸造所にて、当時を知る大御所モルトマスターとともに天然酵素を使った昔ながらの製法で作られています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

彗星の如く登場し、これまでの概念を根底から覆す官能的で美しいシャンパン、ジャン・マルク・セレック

【NV Jean-Marc Seleque – Les Solistes Meunier Extra Brut】
独自の醸造法を極め、衝撃的な個性をもってRM(レコルタン・マニピュラン)の存在感を世に示した、アンセルム・セロスやフランシス・エグリら「第一世代」。柔軟な発想によってテロワール表現の可能性を追求し、繚乱の「RMワールド」を花咲かせた、ダヴィッド・レクラパールら「第二世代」。
そして最近メディアへの登場が増えてきた「第三世代」の造り手たちは、前世代の求道者たちの偉業に真摯に学びながら、その視線は、「飲んでいかに美味しいか」という原点に、じっと注がれているように感じられます。
創業以来のパートナーで、そのクリエイティビティにおいて第二世代を代表するひとりであるシリル・ジャニソンが、「将来、トップクラスのシャンパンの造り手になるから、絶対行ってみた方がいい」と紹介してくれたジャン・マルク・セレックは、第三世代の筆頭格。実際に彼を訪れ、試飲して感じたのは、トップクラス・・・。
1969年、エペルネ市の南、ピエリー村に設立されたこのRMは、ピノ・ムニエを白眉とする同村の他、ピノ・ノワールの聖地アイの衛星村ディジー、コート・デ・ブランのグラン・クリュを時に凌駕するとさえいわれる傑出したシャルドネの産地ヴェルテュスの、各プルミエ・クリュ村を中心に、12.5ヘクタールの畑を所有しています。1974年に当主となった2代目のリシャール・セレックの下で順調に発展を遂げ、2008年、息子のジャン・マルクが継承したことで、新たなステージを迎えました。
ジャン・マルクは、それまでのリュット・レゾネ栽培からビオロジー栽培への切り替えを行う一方、一部の区画で馬による耕作を開始。また、父と共に2004年に導入した小樽による発酵・熟成の研究を深めたり、最新式の卵型コンクリート製タンク「ウフ・ノンブロ」を導入したりすることで、「泡はよりきめ細かくなり、味わいはより複雑に、余韻は何倍も長くなりました」。
「スイスの腕時計は華麗で優雅ですが、中の機械は、精緻を極めた職人技の集合体です。官能的で美味しいシャンパンを造るためには、栽培・醸造におけるひとつひとつの仕事すべてを、ミクロン単位でトゥールビヨンを作るように、精密に、正確に行わなければなりません」。
「シャンパンが合うべき料理に、完璧に合うシャンパンを造ることを目指しています」(以上、ジャン・マルク・セレック)。
「セレック」のシャンパンは、まずその泡の質感と、みずみずしいアロマに驚かされます。口当たりはやわらかく、甘みや酸味、樽熟成させたシャルドネの香味、ミネラルの旨味などが絶妙に溶け合わさって、しっとりと口の中に広がります。ジャン・マルクが言うように余韻の長さも心に残るもので、絶品と呼べる水準に達していると思います。

《Les Solistes Meunier Extra Brut》
ピエリー村の区画「レ・グット・ドール」より、ピノ・ムニエ100%。樹齢60年以上のVV。50%をウフ・ノンブロ(卵型コンクリート製タンク)で、50%を樽で発酵&熟成(いずれもマロラクティック発酵は行っておりません)。(王冠ではなく)コルク栓で瓶熟成。ドザージュは2g/l。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————