嘉之助・ニューボーン・2018

【KANOSUKE New Born 2018】

2018年2月に蒸溜したウイスキー原酒を樽詰めしてできたシングルモルトニューボーンです。
原料にはイギリス産ノンピート麦芽を使用。ディスティラリー酵母で発酵させた後、初留釜で蒸留、その後、嘉之助蒸溜所が所有している構造の違う2基の再留釜のうち、ボディのある酒質を造ることができる構造の再留釜で蒸留を行いました。その原酒を樽熟成米焼酎「メローコヅル」が貯蔵されていたアメリカンホワイトオークの樽をリチャーした樽に樽詰、潮風が香る嘉之助蒸溜所の貯蔵庫にて8ヶ月間貯蔵後、カスクストレングスでボトリングし、甘く華やかなニューボーンに仕上げました。

《ニューボーンとは?》
ニューボーンとは、ウイスキー原酒を樽詰してからまだ日の浅い、熟成途中のウイスキー。一般的に世界で流通している3年以上貯蔵されたウイスキーよりも、ずっと若いウイスキーです。カノスケ ニューボーン は、ノンピート麦芽を使用し発酵、当社独自のポットスチルで蒸留し、アメリカンホワイトオークのリチャー樽にて熟成させたものです。ニューポットから8ヶ月経過した変化の過程を味わって頂き、数年後に世に出る嘉之助蒸溜所が提供するウイスキーの未来の姿、思いを馳せていただきたいと考えております。

《嘉之助蒸溜所について》
嘉之助蒸溜所は、2018年に始動しました。鹿児島県の西岸、吹上浜沿いの約9,000㎡の広々とした敷地に建っており、各施設が点在します。コの字形2階建ての本棟には、蒸溜設備のほか、眺めのいいバーやオリジナルグッズの揃うショップなどを設け、訪れた方々に身近にウイスキーづくりを体感いただけます。
蒸溜所の大きな特徴は3基のポットスチル(蒸溜器)を備えること。世界的にみても、クラフト・ディスティラリー(小規模蒸溜所)では2基が一般的です。ウイスキーは通常2度の蒸溜溜を行いますが、2回目の蒸溜(再溜)の際に、ネックの形状や上部のラインアームの角度の異なるポットスチルを使用することで原酒の香りや味わいをより豊かに変化させることができるのです。

嘉之助蒸溜所の母体である小正醸造は、明治16年(1883年)の創業以来、ウイスキーと同じく蒸溜酒である焼酎をつくり続けてきました。なかでも、昭和32年(1957年)に二代目・小正嘉之助が手がけた長期貯蔵米焼酎「メローコヅル」は、今も社を代表する銘柄のひとつ。焼酎を樽で寝かせることでまろやかな味わいを実現した、熟成焼酎の先駆けとして、今も多くの人に愛されています。
この土地の豊かな特性や歴史、そして蔵人たちの革新的な発想をさらにウイスキーづくりへと引き継ぐため、2代目の名を由来とし、嘉之助蒸溜所は誕生しました。

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2017 シャサーニュ・モンラッシェ・ブラン・レ・ヴォワユノ・ドゥスー ジル・ブートン

【2017 Chassagne Montrachet Blanc Les Voillenots Dessous – Giles Bouton & Fils】

1級畑ラ・マルトロワと113号線を挟んだ、よりピュリニー側に近い区画から。113号線より西は粘土質が多く、赤向きの土壌となるが、この区画はまだ茶色を帯びた石灰岩が混ざる為、厚みと酸味を兼ね備えた白ワインとなる。樹齢50年、新樽率25%、10-12ヶ月樽熟成。

>> ジル・ブートンについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ジェームズ・E・ペッパー・1776・ストレート・バーボン

【James E Pepper 1776 Straight Bourbon】

ジェームズ E ペッパーはバーボンの名家ペッパー家によって誕生したウイスキーブランドで、1958年まで生産されていました。1776年のアメリカ独立宣言に象徴される革命のさなかに誕生したペッパー家のウイスキーは3代目の時代に“オールド1776”という愛称で親しまれ、この歴史あるブランドを復活させたいというアミール・ピー氏の情熱によって、50年の時を超えて現在に蘇りました。また、廃墟と化していたジェームズ E ペッパー蒸溜所も当時の登録ナンバー(DSP-KY-5)をそのまま引き継ぎ再建され、2017年に蒸溜が再開し注目が集まっています。

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2016 シャサーニュ・モンラッシェ・1級・アンバゼ バターフィールド

【2016 Chassagne Montrachet 1er Cru Les Embazees – Butterfield】

バリック(新樽 50%)18 ヶ月熟成後、澱と共にステンレスタンク 2 ヶ月。

>> バターフィールドについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ビッグ・ピート・RAF(英国王立空軍)・エディション

【Big Peat RAF Edition】

RAFとは英国王立空軍のことで、ダグラスレイン社の創業者であるフレッド・ダグラス・レイン氏も第二次世界大戦中にはその一員として飛行していたそうです。そのような縁もあり、RAFの元隊員やその家族に対して献身的な支援を続けているRFA慈善基金が100周年を迎えたタイミングで今回のチャリティーボトルがリリースとなりました。ラベルにはピートおじさんが設立当時のRAFの制服を身にまとい、その後ろではソッピースキャメル(戦闘用飛行機の一種)が、メモリアルイヤーの書かれた横断幕を引いています。また、ラベルだけでなくテイスティングコメントもRAFにちなんだユニークなものになっており、ビッグ ピートファン必見のボトルです。

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2016 ピュリニー・モンラッシェ シルヴァン・ロワシェ

【2016 Puligny Montrachet – Sylvain Loichet】

土壌:粘土石灰質
醗酵:オーク樽
熟成:オーク樽 9カ月(仏産、228L、新樽比率30%)

>> シルヴァン・ロワシェについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

NV ジャクソン キュヴェ・#742

【NV Jacquesson – Cuvee #742】

ベースとなる2014年は、冬は雨が多く、異例の暖かさとなり、春から初夏にかけては暑く非常に乾燥した天候となりました。
しかし7月から8月にかけては一転して冷涼多雨な天候が続き、9月になると再び暑く乾燥し、晴天に恵まれたことでブドウの成熟が助けられたため、アルコールと酸のバランスに優れ、健全なブドウとなり、概ねとても良い年となりました。
シャルドネの出来が傑出して素晴らしく、黒ブドウはとりわけピノ・ノワールが本来見込まれる高い品質となりました。

セラーを構えるヴァレ・ドゥ・ラ・マルヌとコート・デ・ブランの特級(アイ、オワリー)及び、1級(ディジー、オーヴィレイ)の葡萄のみ使用。(一部の畑ではビオロジック栽培、認証済み)。
キュヴェ#738までは、全体の約30%にヴァン・ド・レゼルヴを使用していましたが、#740以降は全体の20%のみ。優れたヴィンテージの収穫年の個性がより明確に表現され、コンセプトとして掲げる「収穫年の個性」がより明確となり、格段の進化を遂げています。

用いるのは「ラ・キュヴェ」と言われる一番搾り果汁のみ、最初の50Lは埃が多いという理由から使用しません。約10 カ月間の樽熟成。 全体の20%にヴァン・ド・レゼルヴ使用 (741、740、739、738、737、736等、過去に造られた700番シリーズのワインをブレンド)ノン・フィルター、ノン・ファイニング。ドザージュ1.5g/ℓ。

シャルドネ50%、ピノ・ノワール30%、ムニエ20%

>> ジャクソンについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————