マサル選抜された樹齢の高いぶどう樹のみで醸すドメーヌ、ジャン・マリー・フーリエ

【2014 Chambolle Musigny 1er Cru Aux Echanges V.V. – Jean Marie Fourrier】

現在の当主は1971年生まれのジャン=マリー・フーリエ氏。ボーヌのワイン農業学校を卒業後、ブルゴーニュ大学の醸造講座に通いました。1988年には半年間アンリ・ジャイエで研修、その後父親の元で修行を積み、1993年オレゴンに渡りジョセフ・ドルーアンでアメリカのピノ・ノワール造りを学びました。1994年の帰国後23歳の若さで父の跡を継ぎました。

ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニー、ヴージョに9.5haを所有し、その内1級とグラン・クリュが70%程度を占めます。ジャン=マリー氏は自らを「テロワリスト」と名乗り、醸造にテクニックを求めず、自然を支配することを好んでいません。高度な技術に頼らず自然に任せていた20世紀初頭のヴィニュロンの流儀の再現を目指しています。

【ネゴシアン】
ネゴシアン事業は、高品質の葡萄であること、ドメーヌ生産量の3割を超えないことを自らに課し、2011年ヴィンテージが初リリース。これらのワインは、ドメーヌワイン同様のフィロソフィーで選ばれ、造られており、ジャン=マリー氏曰く「新たに養子に迎えた子供のような存在」なのです。

【栽培・醸造】
栽培はリュット・レゾネを採用。農薬は主に低濃度の硫酸銅を使用。肥料は遺伝子組み換えでないものを2~3年に1回撒いています。剪定は集団選抜クローンに適しているギュイヨ仕立て株が均一化するとワインの複雑味が損なわれるとの考えから、市販のハイブリッドクローンは用いていません。収穫量を制限するため、摘芽は非常に厳しく行います。収穫は、収穫人を急がせず、ゆっくりと選別しながら摘み取りを行わせ、またカビが飛び移らないよう手洗いも励行しています。収穫果は100%除梗し半分だけ破砕低温浸漬は自然の温度(朝の収穫果の温度)で3~4日行います。マストが15℃を超えるときは温度を下げています。自然に任せて発酵を開始し、発酵開始直後と末期に液循環、最盛期には1日4回手作業によるピジャージュを組み合わせ、トータルの発酵期間は18~20日間。熟成は、新樽は多用せず20%程度の使用に留めます。18ヶ月の熟成中、澱引き、清澄、フィルターも一切行っていません。

《追記》
1994年、兵役の前後に6ヶ月間、アンリ・ジャイエとオレゴンのドメーヌ・ドルーアンで修行した後、ジャン・マリー・フーリエは父からドメーヌを継ぎました。ジャン・マリーは畑仕事とワイン造りについて、これが最高のやり方だという自分なりの考えを持っています。畑では妹のイザベルと、イギリス人妻のヴィッキに手伝ってもらい、父がブレンドして1種類のワインにしていたジュヴレの1級畑を、それぞれで醸造、瓶詰めし、ドメーヌ元詰め比率を100%に引き上げることで、ラインナップを拡充してきました。ジャン・マリーの畑のほとんどは非常に樹齢の高い樹が植わっており、ほとんどが2つの大戦間に植えられたもので、現代のクローンではなく、地元でマサル選抜された樹しかありません。ブドウは完全に除梗され、シルクのような果実味が保たれるよう細心の注意が払われています。

品種:ピノ・ノワール

img_0974
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

カリフォルニアで最も古い農園を持つワイナリー、エンシェント・ピークス

【2015 Ancient Peaks – Sauvignon Blanc】

エンシェント・ピークス・ワイナリーの運営はカール・ウィットストロム、ダッグ・フィリッポニ、ロブ・ロッシの3人のオーナー、そして彼らの子供たちと共に行われています。このワイナリーは、1999年にロブ・ロッシがサンタ・マルガリータの地に大農園を取得したことから始まります。彼の友人である、カール・ウィットストロムとダッグ・フィリッポニは、その後すぐに共同オーナとしてこのビジネスの運営に参画し、以後彼らが全て運営を取り仕切っています。彼らが運営を始めた年に、カリフォルニアで人気を博しているワイナリー「ロバート・モンダヴィ」ファミリーが、彼らの大農園の一部を契約取得しブドウの樹を植えたことから、彼らのワイン造りの歴史はスタートしました。2005年、ロバート・モンダヴィが植樹したマルガリータ・ヴィンヤードの多大なる可能性に魅せられた3人のオーナーは、このヴィンヤードを買い取り、ワインメーカーとなることを決意しました。それ以降は、ワインコンサルタントを招聘してワイン造りを行っています。

現在のワインコンサルタントはマイク(Mike Sinor)で、3人のオーナーがヴィンヤードをモンダヴィより買い取った直後の2006年よりワイン造りを一任されています彼はセントラル・コーストにおいて、最も有能なワインコンサルタントのひとりとして知られ、ワインスぺクテーター誌などの各ワインマガジンにおけるコンサルタント評論でも常に高評価を得る人物です。また、彼のセントラル・コーストでのワイン造りの経験は20年を超え、エンシェント・ピークスでのワイン造りを知り尽くした男です。

「エンシェント・ピークス」の名前はマーガレット・ヴィンヤードの境界線にそびえ立つサンタ・ルシア・マウンテンを称える為に選ばれました。この場所はビッグ・サー(Big Sur)の名称でも有名な観光地として知られております。中でも、マルガリータ・ヴィンヤードの近隣に位置する標高1571mのコーン山は、アメリカ合衆国の海岸線にある山としては最高峰で、太平洋からわずか5キロメートルほどしか離れていません。複雑な土壌とこの地形が生み出す気候が彼らの素晴らしいワインを生み出しています。

【サンタ・マルガリータ農園】
ワインの基となるブドウが栽培されているサンタ・マルガリータ農園一帯は、数千年前からネイティブ・アメリカンが住んでいたとされる由緒ある地域ですこの農園の最初のブドウの樹は1780年にまで遡ります。当時のスペイン国王の命により、フランシスコ会修道士のジュニペロ・セラ神父指導のもと植えられました。現在は観光地でもあるこの農園はカリフォルニアにおける最も古い農園の一つとして知られています
※近年、ワイン醸造の歴史に敬意を表して、今日も壁がまだ残っているミッション(キリスト教の布教施設)の隣に小さなブドウの樹が植えられています。

全てのワインは、歴史あるサンタ・マルガリータ・ヴィンヤードからの収穫によって生産されています。ヴィンヤードは太平洋に面する海岸からわずか20Kmの場所にあるサンタ・ルシア・マウンテンにあります。ヴィンヤードの土壌は、古代の海の化石を含む堆積土壌と小粒の石の多い土壌です。丘に面した場所にあり、土壌の層は丘を上がるほど厚くなりますが、太平洋からの風の影響を受けやすくもなります。
この冷涼な気候のマーガレット・ヴィンヤードで育ったブドウは、通常は約3週間程の間に数回に分けて収穫されます。最初の収穫時にはグレープフルーツを想起させる個性のフレッシュな酸のブドウを、最後の収穫では幾重にも織り成す、完熟したトロピカルフルーツを思わせる香りと味わいのブドウが収穫されます
彼らのワインは、ステンレスタンクを使用するコールド・フェーメンテ―ション(低温発酵)によって生み出される、ピュアなフルーツの味わいやデリケートな香りのワインが特徴的です。 さらに、一部のブドウをスキンコンタクトし、グレープフルーツの皮やライムのような香りを引き出しています。

品種:ソーヴィニヨン・ブラン

img_0979
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

最も権威ある賞“ジミー・ワトソン賞”を受賞したワイナリー、ジェフ・メリル

【2011 Geoff Merrill – Pimpala Road Chardonnay】

アデレードでワイン造りを学んだジェフ・メリルはセペルトで働いた後、南アフリカ、ヨーロッパでワイン造りを経験し、1975年オーストラリアのシャトーレイネラのワインメーカーとして帰国しました。1982年シャトーレイネラがトーマス・ハーディー社に購入された後も、ハーディ社のワインコンサルタントをし続けハーディ社をカルトワインから高品質のテーブルワインまで幅広いワイナリーに育てました。1985年イギリス人モスティ・オーウェンにより1897年に造られた歴史あるワイナリーを購入し自らのブランドを立ち上げました。

ジェフ・メリルは常にワイン造りは土地、ブドウの品種の特徴、ヴィンテージを大切にし、過度な人の介入をしない事をモットーとし、樽及び出荷前のボトル内の“熟成”を重要視しています。
ロゴの天秤は「すぐれたワインは“果実味”“タンニン”“酸”“樽熟成”の全てのバランスによる」という彼のポリシーを表しています2005年にはオーストラリアで最も権威ある賞“ジミー・ワトソン賞”を受賞しその地位をゆるぎないものとしました。ジェフ・メリルのプレミアムレッドワインはおおむね収穫より3年以上してリリースされます。

【Pimpala Road Chardonnay】
南オーストラリア州のマクラーレンヴェイルとクナワラの高品質なブドウを使用。地区により気候が異なる為、それぞれの最適な時期に収穫しています。収穫後、ブドウはすぐに除梗破砕され超低温で静置。厳選された酵母を使用し、低温で発酵させる事によりワインの繊細なキャラクターを保持し、より強めています。

品種:シャルドネ

img_0980
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

将来トップを極める才覚をうかがわせるドメーヌ、ジル・ブートン

【2014 Giles Bouton & Fils – Saint Aubin Les Blanc Argillers】

ワイン愛好家を大切にし、フランス国内の個人顧客及びレストラン向に70%以上を卸す1878年から続く家族経営のドメーヌ。ピュリニィ・モンラッシェと地続きになる閑静な集落ガメイ村。5代目にあたるジル氏は、母方の祖父が当主を務めるドメーヌのカーヴや葡萄畑を遊び場にして育ってワインの申し子。ボーヌ村の醸造学校を卒業するとすぐにドメーヌに入り、10年間、祖父の下で修行を重ねた後、当主に就任した。かつては、昔ながらの長熟型の重いワインを造っていたドメーヌであったが、彼の代になって、サン・トーバンのテロワールをより一層反映したエレガントワインのスタイルを確立した。また意欲的なドメーヌ経営に取り組んだ結果、1977年に祖父のドメーヌに入った当時は4haだった畑を、現在では12haまで拡張し、広くはないがピュリニー、シャサーニュにも畑を得た。1995年、リュット・レゾネを採用してからは、よりピュアでナチュラルなワインへと進化している。常に意欲的にワイン造りに取り組む姿勢は、近い将来トップを極める才覚をうかがわせる。

【Saint Aubin Les Blanc Argillers】
ピュリニィ・モンラッシェの丘を登り、サン・トーバンの村を抜け西に向かう道沿いの南を向いた急斜面にある区画。真南を向いている為、十分な日照量を確保出来き、果実味がバランス良く表れる。粘土質土壌に、白い石灰混じりの土が含まれる。コストパフォーマンスに優れた良質ヴィラージュ物となる。樹齢30年、新樽率10%、8ヶ月樽熟成。

品種:シャルドネ


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ひねくれ者を自称する天才ジャン・マリー・ギュファン、ヴェルジェ

【2015 Pouilly Fuisse Terres de Pierres – Verge】

『この型破りな醸造家の造るワインを試飲するのは常に素晴らしい瞬間だ』
Le guide des meilleurs vins de France2015「ドメーヌ・ギュファン・エナン」はRVFで最高評価の3ッ星を獲得。「ベタンヌ・ドゥソーヴ」でも最高評価の5ッ星を得ている
ブルゴーニュで5ッ星評価はロマネ・コンティやルソーを含めて11軒のみ。白ワインの魔術師当主のジャン・マリー・ギュファンは1970年代に妻と共にブルゴーニュへ移住したベルギー人。ワイン造りとは関係ない環境にいた彼だが、一気にトップ生産者の仲間入りを果たしてしまう。
皆が彼を「天才」と呼ぶ。試飲をしていても芸術家のように感覚でワインを判断していく。表現も独特。ワインのパワーを表現する。『ヴェルジェでは常に良い葡萄を自分で選んでその畑の表情を引き出す。楽しい仕事だ。ギュファン・エナンは自分の葡萄のポテンシャルを毎年確認し、高めるのだ』

1980年からは、ネゴシアン部門である「メゾン・ヴェルジェ」を手掛けている。『ネゴシアンを始めたのはマコン以外でシャルドネの新しい可能性を見つけたかったから。色々なシャルドネに出会うと興奮する』 シャブリ、コート・ドール、マコン等、各地の葡萄 栽培家や造り手と情報交換をしながら、その年の買取り区画を決めていく。
皆が驚くような造り手の葡萄も僕等は手に入る。毎年買い続けるから』熟成中の樽には色々な有名な造り手の名前と区画が記入されていた。ヴェルジェの醸造責任者でジャン・マリー・ギュファンの右腕で10年以上働いているジュリアン。 全ての畑に出向き土壌、日照条件を熟知している。栽培チームも率いていて一部の畑では栽培も自分達で手掛ける。

醸造は「ギュファン・エナン」とほぼ同じ。優しく圧搾、フリーラン果汁を重視していてプレス果汁は完全に分ける。『PHが低いフリーラン果汁は上級キュヴェとして樽発酵・熟成プレス果汁はコンクリートタンク及びステンレスタンクで村名として醸造する発酵は野生酵母のみ。フレッシュな白ワインに関しても低温から始め、できる限りゆっくり時間をかけて発酵させる。『年によってはアルコール発酵とマロラクティック発酵が同時に行われることもある。常識では考えられないが、これによってワインは軽やかに仕上がる。ヴェルジェの個性に合っている』
通常、醸造学上は2つの発酵が同時に進む事は危険とされ避ける。しかし、彼等にとっては果実の重さを出さずにバランス良く仕上げることができるとして好意的に考えられている。『最良の葡萄で無ければ最高のワインは造れない。 最良の葡萄が手に入らなければその区画のキュヴェは造らない。格落ちさせる』「ヴルジェ」でリリースされるキュヴェが毎年異なるのはその為。『約60のキュヴェを造っている。多く感じるかも知れないが私にとってはたったの60種』

『ワインは自然の産物。だから常に変化する。造り手も飲み手も変わって行くべきだ。何も変わらないものを求めるならワインでない方が良い』「ヴェルジェ」を立ち上げてからおよそ10年後、彼等が次に挑戦したのは南仏リュヴェロンでのワイン造り標高420m以上の高地にドメーヌを購入し、ジャン・マリー・ギュファンはここに移住。『南仏の単純さは熟すまでの期間が短いことに起因している。標高が高いこの地域は南仏でありながらゆっくりと葡萄が熟す』購入当時は適さない品種が多く植えられていた為、大規模な改植を実施。グルナッシュやシャルドネなど7品種を植えている。南仏のワインも醸造はギュファン・エナン、ヴェルジェと同様。

ドメーヌ・ギュファン・エナン
マコンの自社畑のみ。
ネゴシアン・ヴェルジェ
ブルゴーニュの買い葡萄。
ドメーヌ・ギュファン・オ・シュッド
南仏リュヴェロンの自社葡萄のみ。
ネゴシアン・ヴェルジェ・ドゥ・シュッド
南仏リュヴェロンの買い葡萄。

《追記》
ひねくれ者を自称する天才。他のドメーヌと同じように紹介することは難しいかもしれません。一つはあるラベルが翌年も使われる保証が少ないこと。もう一つはジャン・マリー・ギュファンは自分が色分けされることに抵抗するから。「以前は非難されていたようなものごとでも、ほんの2〜3人が賛同すれば流れが変わる。そうなったら自分はそれに背を向けたくなるんだ。」彼が背を向けたことの一つはテロワール。これは彼がテロワールの存在を信じていないからではなく、その恩恵が宣伝されすぎてる一方で、多くの人々の畑への向き合い方が正しいと思えないからだそうです。彼は徹底して自分の論を貫く。評論家に「頑固」と評されたところ、彼は「いや頑固ではないよ。ひねくれ者なんだよ、きっと」と返す。自分が他人を不快にさせることを認めていますが、常に好奇心の扉を開いているので頑固ではないそうです。

品種:シャルドネ


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————