創設者はカリフォルニア最古のワイナリー「ブエナ・ヴィスタ」のオーナー、アンタレス

【2012 Antares – Cabernet Sauvignon】

1988年設立。創設者はカリフォルニア最古のワイナリー「ブエナ・ヴィスタ」のオーナーとしても知られるフランク・バーソロミュー。ワイナリー名は、かつては多くの探検者たちを導き、今でも南の空でひときわ輝きを放つ偉大な星アンタレスに由来。ナパワインの道しるべとなるべく、経験豊富なワインメーカー、マイケル・アレーに手により、高品質なワインを発信し続けている。

《Cabernet Sauvignon》
美しく輝く紫色がかった黒みを帯びたガーネット色。熟度のあるブラックベリーに赤系果実のミネラル感、リコリス、オーク、スパイスなどやや複雑さを感じる香り。口当たりは柔らかく、豊かな果実味になめらかな酸味としっかりとしたタンニンを持つ、ミディアムからフルボディの味わいの赤。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

シャンパーニュ随一の分厚いミネラル、マイィ・シャンパーニュの真髄、リュシアン・ロゲ

【NV Lucien Roguet – Brut Tradition Grand Cru】

「モンターニュ・ド・ランス」北部に位置するマイィ・シャンパーニュ村は、栽培家のほぼ全員が同村の協同組合に所属しているという歴史的特異性を有し、したがって同村で生産されるシャンパンのほぼ全量がその協同組合のラインナップとして販売されています。しかしついに、「17のグラン・クリュ」のひとつであるこの村のテロワールを最高度の次元でシャンパンに表現できるレコルタン・マニピュランが本格始動を開始し、日本にご紹介できるはこびとなりました。
1870年にぶどう栽培を始めたロゲ家は、ネゴシアンにぶどうを販売しながら、20世紀上旬には自社ビン詰めを開始。以降、少しずつ畑を拡げながら、父から子へ、父から子へと栽培と醸造の技を伝え、積み上げ、深化させてきました。そして2008年、高い志と知性に溢れる6代目サミュエル・ロゲの正式継承によって、「マイィ・シャンパーニュ」の真の凄さを世界に発信することのできるRM「リュシアン・ロゲ」が覚醒の時を迎えました。今日の合計所有畑面積は7ヘクタールで、100%マイィ・シャンパーニュです。
6世代にわたって、この地に栽培家として生きてきましたので、畑のことは隅から隅まで知り尽くしています。「マイィ・シャンパーニュ」の真髄は、シャンパーニュ随一と言われる分厚い、むき出しの白亜質土壌に由来する豊富なミネラルにあります。そしてそのミネラルが、北側斜面畑であるがゆえの美しい酸、繊細でデリケートな果実味と絶妙に溶け合って、この地ならではのシャンパンが生まれるのです」。
「このようなスタイルのシャンパンは、メイラード反応等との相性が抜群であると考えています。ブリオッシュやトーストの香ばしい風味こそがシャンパンの愉悦、醍醐味であり、そのためヴァン・ド・レゼルヴの古酒率を高めて一部を樽熟成させたり、ビン熟成期間を長めにしたりといった醸造法を採っています」。
百聞は一飲に如かず。「マイィ・シャンパーニュ」がなぜグラン・クリュなのかを、痛切に実感していただけると思います。

《Brut Tradition Grand Cru》
すべてマイィ・シャンパーニュ産のピノ・ノワール60%、シャルドネ25%、ピノ・ムニエ15%。平均樹齢約25年。現在販売中のものは、2013年産80%、5年分のヴァン・ド・レゼルヴが20%(一部ブルゴーニュ製樽で熟成)。ドザージュは11g/l。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

大量のモルトを手作業で混ぜ合わせていた時代の職業病、モンキーショルダー

【Monkey Shoulder】
スコットランドの由緒あるウィスキーメーカー「ウィリアム・グランツ&サンズ社」が、2005年に発売スタートした新発想のウィスキー。
世界初のトリプルモルトウィスキーとしてローンチした発売キャンペーンでは、タキシード姿の男性(顔は猿!)の両脇に2人の美女を立たせたビジュアルとともに、“A threesome is better than a onesome(1人より3人の方がいい)”という衝撃的なコピーで、ウィスキー離れした若者たちの注目を一気に集めました。
少しセクシーなジョークを交えたこのキャンペーンは、“おじいちゃんの飲み物”というウイスキーの伝統的なイメージから離れて、新しいジェネレーションの獲得とオケージョンの新規開拓を狙ってのことでした。スムースでリッチな飲み口もビギナーに受け入れられて、とくにイギリスやアメリカでファンが増加。

ウィリアム・グラント社が所有する三つの蒸溜所グレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィーの選ばれたモルト27樽をブレンド。ユニークなボトルデザインも人気。3匹の猿のモチーフがついた印象的なボトルで、手土産にも重宝されています。商品名の由来は、ウィスキー職人たちの職業病から。大量のモルトを手作業で混ぜ合わせていた時代に多くの職人が肩を痛め、その職業病を「モンキーショルダー」と呼んでいたそうです。現在でこそ手作業はないが、1887年創業の醸造所にて、当時を知る大御所モルトマスターとともに天然酵素を使った昔ながらの製法で作られています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————