フランスの深海が育んだ“海に眠る”シャンパーニュ、ユック・ペール・エ・フィス

フランスのシャンパーニュ地方にある田舎町エペルネ。『ユック・ペール・エ・フィス』は、この町の北西ヴァレ・ド・ラ・マルヌのキュルイ村で、1920年から家族経営で3世代に渡りR.Mシャンパーニュの生産を行っているワインメゾンです。有機栽培で育てられたブドウを使用した“自然派シャンパーニュ“の元祖として知られ、シャンパン愛好家やワイン通から絶大な支持を得ています。

『深海熟成シャンパーニュ』は、アパレルブランド『ナノ・ユニバース』でメンズディレクターに就任し、ハースト婦人画報社の展開するメンズメディア(雑誌『MEN’S CLUB』など)で“ブランド アンバサダー”としても活躍する戸賀敬城とのコラボレーションで生まれたシャンパン。

『深海熟成とは?』
2010年8月、フィンランドの海底に沈んでいた難破船から、168本のスパークリングワインが引き上げられました。製造から180年もの月日を経たそれらのワインは、リコルク(ヴィンテージワインの品質を守るため、コルクを打ち直したり、ワインの状態確認や補充をすること)が行なわれ、その際のテイスティングでは「非常に生き生きとしてフレッシュ」「甘口で、輝く黄金色」「蜂蜜の香りとともに、トーストや農場のような香りがする」等と評価されました。この出来事を機に、深海での熟成が注目されるようになり、研究が進むなかで新たな熟成方法として知られるようになりました。
その後、深海が熟成場所として注目されるようになり、現在ではワインだけでなく、シャンパンや日本酒等の熟成にも応用されています。

深海熟成シャンパーニュは、ブルターニュ地方にあるウェサン島の沖合、約60メートルほどの深さで1年間保存されます。この土地は、海水温度や海上気象条件などが良く、自然のエネルギーを最大に利用できる「カーブ(貯蔵庫)」としても最適。深海熟成に理想的な環境です。

《水圧が生むきめ細かな泡》
海中でワインボトルにかかる水圧は、地上でかかる気圧のおよそ5~6倍。潮の満ち引きで上下する水圧が、シャンパーニュのきめ細かく滑らかな泡を生み出し、優雅で繊細な味わいを楽しめます。

《ワインを熟成させる波のゆらぎ》
水深60m下の繊細でゆっくりとした波の揺れにより、アルコールと水の分子がバランスよく混ざり合い、まろやかな口あたりを実現しています。

《保存に適した深海ワインセラー》
太陽の光が届かない深海はほとんど闇の状態。温度変化が少なく、水温は常に約11~13℃に保たれます。乾燥もなく、ワインの保存に適した環境になっています

2014 ジュヴレ・シャンベルタン ラ・ジブリオット

【2014 Gevrey Chambertin – La Gibryotte】

>> ラ・ジブリオットについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2014 シャンボル・ミュジニー・ヴィエイユ・ヴィーニュ アンリ・フェレティグ

【2014 Chambolle Musigny – Henri Felettig】

>> アンリ・フェレティグについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

サン・トーバンの最も偉大な造り手マルク・コラン氏の妹が嫁いだドメーヌ、クリスチャン・ベルジュレ

サン・トーバン村の6km西、ノレ村に1900年から続くぶどう栽培家で、1969年、前当主クリスチャン・ベルジュレのもとに、サン・トーバンで最も偉大な造り手と言われたマルク・コラン氏の妹ベルナデットが優良な畑とともに嫁いで来たのを機に、自社ビン詰めを開始しました。
2000年に、娘のクロティルドが継承。以来、5代目当主としてドメーヌを運営しています。
「素晴らしいポテンシャルを持った畑ですので、できる限り無農薬に近い栽培を実践しています」。
「私自身が飲みたいと思うワインを造ることを心がけています。私はお料理が趣味なのですが、いつも私のワインを合わせて美味しく楽しんでいます。趣味なのか仕事なのか分からないわね(笑)」。
「白ワインは、サン・トーバンもシャサーニュ・モンラッシェも、まず美しい酸があること。そして、それに負けない豊かな果実味と、たっぷりとしたミネラル(塩味)があることが大事です。赤は、繊細でしなやかなスタイルが好きです。シャサーニュ・モンラッシェの赤は、コート・ド・ニュイの赤のように厳格ではなく、同じコート・ド・ボーヌでも重厚なボーヌやポマールとはまた違って、絵画でいえばルノワールのような、音楽で言えばジャズのような、柔らかな色彩性と快楽性に溢れるワインです。自由な発想で造る創作料理と合わせると、ワクワク感が増幅して、とても幸せな気持ちになりますよ」(以上、クロティルド・ベルジュレ)。

2016 シャサーニュ・モンラッシェ クリスチャン・ベルジュレ

【2016 Chassagne-Montrachet Blanc – Christian Bergeret】

「レ・ザンセニエール」「レ・シャリエール」「レ・ブット」「レ・ゼサール」の4区画合計で0.37ha。平均樹齢70年のVV。樽で発酵後、新樽率25%で16ヶ月間熟成。

>> クリスチャン・ベルジュレについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

1930年にシャンボール・ミュジニー村中心部に設立されたドメーヌ、ディジオイア・ロワイエ

1930年にシャンボール・ミュジニー村中心部に設立されたこのドメーヌは、1999年、3代目ミッシェル・ディジオイアの継承によって、本格的に自社ビン詰めを開始しました。
翌2000年ヴィンテージから各国の錚々たるインポーターが取扱いを開始し、フランスにおけるワイン評論の第一人者ミッシェル・ベタンヌから「極めてシャンボールらしい味わいである」と絶賛されるなど、優秀な造り手としての評価を着実に高めてきました。
いつもツナギを着た彼が畑にいる時間の長さはブルゴーニュのヴィニュロンの中でも群を抜いており、土壌への負荷を軽減するために1978年製の超軽量トラクターを改良して使用するなど、細密なこだわりを持って仕事に打ち込んでいます。
「ぶどうを完璧な状態で収穫することだけのために、毎日働いているといっても過言ではありません」(ミッシェル・ディジオイア)。
好きな言葉は「情熱」。シャンボール新世代のトップランナーのひとりです。