シャンパーニュ北限の村から産み出されるピノ・ムニエ100%シャンパン、ジェローム・プレヴォー

【2012 Jérôme Prevost – La Closerie Les Beguines Extra Brut】

ランスの北西8キロに位置するグー村は、モンターニュ・ド・ランス地区ひいてはシャンパーニュ地方で最も北に位置している。道を1本隔てると、シャンパーニュのAOCが取れず、ヴァン・ド・ターブルしか造れない北限の畑である。この村は二つの丘に挟まれ独自のクリマが備わっている。グー村にあるプレヴォーの畑は、記録によると1900年代にすでにブドウが栽培されていたそうで、彼はこの畑の名をグー村近くにある修道院(レ・ベギーヌ派)の名からとっている。
アヴィーズにある醸造学校で学んだプレヴォーは、1997年にジャック・セロスのオーナー兼ワインメーカーであるアンセルムを訪ねる。そこで品種、土壌を保証され、自分のセラーを持っていなかったプレヴォーはセロスのセラーで98年、99年ヴィンテッジを造った。用いられる品種は唯一、ピノ・ムニエ。1998年が彼のファースト・ヴィンテッジとなる。除草剤は使わず、農薬や化学肥料ももちろん使わない。土を踏み固めてしまう通常のトラクターも使用せず、「ブドウの要求を助けるだけ」の自然の力を重んじたワイン造りを行っている。

品種:ピノ・ムニエ 100%


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

スーパー・タスカンの筆頭のひとつオルネライアのグラッパ

【Grappa di Ornellaia】

スーパー・タスカンの筆頭のひとつオルネライアのグラッパ。カベルネソーヴィニョンとメルローが使用されており、発酵を終えた搾りカス(ヴィナッチャ)は直ちに圧搾・蒸留され、最もエレガントでバランスのとれたロットのみをブレンドし9ヶ月間樽で熟成させたもの。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

非常に才能に溢れ、ドメーヌ・デュ・コント・アルマンの醸造責任者でもある醸造家、バンジャマン・ルルー

【2010 Auxey-Duresses Blanc – Benjamin Leroux】

バンジャマンは、非常に才能の溢れるドメーヌ・デュ・コント・アルマンの醸造責任者でもあります。ボーヌの交差点のすぐ近くにあるドミニク・ラフォンと共同の建物で、彼自身のネゴシアンとして、2007年バンジャマン・ルルーのファーストヴィンテージをスタートさせます。
彼は赤、白のブドウを独占購入、樽での購入はしません。ブドウ栽培にこだわりを持ち、畑に何度も足を運び栽培者と協力し理想とする栽培方法農薬の制限を徹底しています。畑の6割以上がリュット・レゾネ、残りはビオロジック。ビオディナミを展開するドメーヌの畑(オークセイ・デュレス)からも僅かながら、ブドウを入手しています。

アペラシオン以上のより格上の畑にに隣接し、同様の土壌基質から極めて高品質のブドウを得ることができているのも特徴です。 ボルドーのシャトー・コスディストゥルネルでもワイン醸造の多くを学んでいただけに彼の造るワインは、コント・アルマン以上に完成度があります。
ネゴシアンでありながら、アペラシオンの個性を忠実に表現するフロンティア精神が形となっています。今後、彼の造るワイン達がどのようになっていくのが楽しみなバンジャマン・ルルーです。

品種:シャルドネ


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————