アンリ・ペロ=ミノとの分割相続により誕生したドメーヌ、トプノ・メルム

モレ・サン・ドニのドメーヌ・トプノ‐メルムは、コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌに13ヘクタールの畑を所有し19のアペラシオンのワインを生産しています。この名前が示すように、ある二人の結婚により誕生したもので、1963年にドゥニーズ・メルムがサン・ロマンのヴィニュロン、ジャン・トプノと結婚し、モレ・サン・ドニのアルマン・メルムを受け継ぎ始まりました。現在ドメーヌを支えているのは、彼らの娘・息子にあたる7代目のヴィルジニーと兄のロマンです。ヴィルジニーは、パリの経営学校を卒業後、東京、ニューヨークに滞在。その後南アフリカのワイナリーで見習いとして経験を積んだ後、ボーヌとディジョンの学校で本格的にワイン造りを学びます。そして金融の世界から戻ったロマンと共に新世代として新たな一歩を踏み出し、多くの改善をドメーヌにもたらしています。ヴィルジニーは広報活動や管理業務を主に担い、また2008年からは”Femmes et Vins de Bourgogne”(「ブルゴーニュの女性とワイン」、ワインメーカーの女性とワイナリーを運営する女性のための組織)の会長を務めるなど、ブルゴーニュワインのプロモーション活動にも力を注いでいます。1998年にドメーヌに戻った兄のロマンはボーヌの学校で栽培を学び、父のジャンに付いて経験を積みました。2001ヴィンテージからはロマンが栽培・醸造の責任を負っています。彼らの13ヘクタールの畑からは、シャルム・シャンベルタン、マゾワイエール・シャンベルタン、シャンボール・ミュジニー1級のレ・コンブ・ドルヴォーなど、このドメーヌを代表するワインが生み出されます。平均樹齢は35年、古いもので60年以上です。

2001年からは100%ビオロジックに転向。手摘みによる収穫と厳しい選別、すべてのキュヴェは100%除梗し醸造、温度管理機能付きのタンクで4、5日間冷却します(12-13℃)。天然酵母のみ使用し2~3週間醸造。新樽使用はヴィラージュとプルミエで20~30%、グランクリュでも40%ほどです。ピノ・ノワールの本来の個性を繊細でエレガントなものと捉えるトプノ・メルムのワインは、各パーセルごとのテロワールの性格を繊細で純粋に、かつ個性的に表しています。

コート・ド・ボーヌの畑 - トプノ家から相続したブドウ畑は、オーセイ・デュレス(ヴィラージュ)、オーセイ・デュレス・プルミエ・クリュ、そしてサン・ロマンの畑です。ロマンとヴィルジニーの祖父、つまりジャン・トプノの父であるルネ・トプノが1998年に亡くなった後、所有する畑はジャンの息子ピエールに譲渡されました。そしてその畑を2003年にジャン・トプノが買い戻しました。

コート・ド・ニュイの畑 - ロマンとヴィルジニーの母、ドゥニーズ・メルムは1963年にジャン・トプノと結婚。その後、モレ・サン・ドニのアルマン・メルムの畑が1973年、ドメーヌ・ぺロ・ミノとトプノ・メルムに分割相続され、トプノ・メルムの歴史が始まりました。アルマン・メルムは1760年生まれのニコラ・モリゾが土地を買い、ワイン造りを始めた歴史あるドメーヌです。トプノ・メルムはその後、独自にジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・べレールなどを買い足し、ロマンとヴィルジニーの代になってからも1999年にニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・プリュリエを購入しています。また、トプノ・メルムは実質モノポールのクロ・デ・ランブレの第二の所有者(0.043ヘクタール)でもあり年間200本ほど生産しています。