畑を継いで初リリースまで10年近く費やしたRM、ヴェット・エ・ソルヴェ

ベルトラン・ゴトロは、シャンパーニュ地方最南端に位置するオーブ県のビュシエール・シュル・アルス村の農家に生まれた。代々農業とブドウ栽培を家業とする家系で、リシャール・シュルランは母方の従兄弟にあたる。兄が農業を受け継ぎ、ベルトランがブドウ畑を受け継いだ。父の代まで化学肥料を使用していたため収穫量が大変多く、ブドウを協同組合に売っていたが、1992年にベルトランが畑を継いですぐさま有機栽培に転換し’93年から除草剤の散布をやめた。しかし、長年にわたる化学肥料の影響で樹勢が強くなかなか収量を抑えることができず、理想のブドウを得るまで時間がかかった。ようやく2001年ヴィンテージを最初のリリースとすることができた。その間、土壌分析の世界的権威であるクロード・ブルギニョンに栽培の教えを乞い、’98年からはビオディナミを実践、’99年からアンセルム・セロスのかたわらでシャンパーニュ造りを学んだ。ベルトランはその優れた感性をもって「生命が宿り、人に喜びを与えることのできるシャンパーニュ」造りに真摯に取り組んでいる。