ヘレン・ターリーに「カリフォルニアのラ・ターシュ」と言わしめた畑から造るパルメイヤーの新ブランド、ウェイフェアラー

パルメイヤーで成功を掴みかけた1998年、当時ワインメーカーであったヘレン・ターリー女史のアドバイスによりソノマ・
コーストに「カリフォルニア・ピノ・ノワール&シャルドネのグラン・クリュとなる可能性を高く秘めた」ポテンシャルの
高い土地を購入。2002年よりディヴィッド・エイブリューにより植樹を開始。長い期間その成長を心待ちにし、2005年から
パルメイヤーのソノマ・コーストに少しずつブレンドしていました。時は人の変化を伴い、長年勤めたワインメーカーの退
陣、愛娘クレオの成長、ビジネスへの参入、才媛なる新しいワイングローワー/メーカー・ビビアナ・コンザレス・レーヴと
の出会いより、新しいプロジェクトが娘クレオ・パルメイヤーを主軸とし始動。まだうぶ声を上げたばかりであるが、将来
を見据えた栄光の旅立ちの始まりです。2019年パルメイヤーから独立したブラントとなりクレオが社長として切り盛りしま
す。