バローロのパイオニア的生産者、ザナッシ

1864年よりワイン造りを始め、バローロがワインとして世に出たほぼ同時期から造り始めており、バローロのパイオニア的生産者と言われ、現当主のクラウディオ・フェノッキオ氏は5世代目にあたります。2012年10月より、ジャコモ・フェノッキオとは別のプロジェクトとして「テヌータ・ザナッシ」を発売しました。
彼らは全て自社畑からのブドウでワインを造っており、モンフォルテ・ディ・アルバ村のCru Bussiaはバローロ地区の中でも最高のグランクリュの一つと言われています。
昨今の新進バローロ生産者が色素濃く、柔らかいワインを造る為、強制的にフェノール類抽出を可能にするロータリーファーメーター、またバリック(小樽)を使用していますが、彼らは伝統的な長いマセラシオン醗酵と大樽熟成にて、偉大なクリュから一切の化学薬品を使用せずワインを造っています
バローロのパイオニア的な生産者が造る、模範的かつ圧倒的なコストパフォーマンスのバローロです。